【JAL・ANA】JALとANAの特典航空券の必要マイルを比較(2018年度)

クレジットカードにて貯めるマイルを再検討中。

日本の2大航空会社であるJALとANA。
今まではダイナースプレミアムでカード利用100円につき3マイルという高還元率カードを利用していたのでANA派でしたが、ダイナースの特典が変更されたことに伴って再度マイルを貯める方向性で悩み中。

スポンサーリンク


特典航空券必要マイル比較

JALとANAのマイレージによる特典航空券ですが、仕組みはほぼ同じですが、時期に応じての必要マイル数が変わってくるケースでやや違いが発生します。

JALであれば、通常マイルに加えてディスカウントマイル期間が設定されており、JALカードユーザーについてはさらに少ないマイルで交換が可能になります。
一方、ANAについては年間を3つのシーズン(ロー・レギュラー・ハイ)に分けており、それぞれに必要マイルが異なります。

期間や仕組みがやや異なるものの、基準を合わせて一覧にて比較してます。
※期間は2018年度(2018/4/1~2019/3/31)の日付
※羽田・成田発を基準に作成

ローシーズン

JAL ANA
ローシーズン 2018/4/1~4/26 2018/4/1~4/26
2018/5/8~5/31
2018/12/1~12/21 2018/12/1~12/21
2019/1/7~2/28 2019/1/7~2/28

シーズン名称はANAを利用しています。JALの期間についてはディスカウントマイル期間を引用しています。
JALはGWをのぞいた5月いっぱいはディスカウント期間なのでJALの方やや期間が長いです。

各空港に必要なマイレージは以下の通り。
JALについてはJALカード割引後のマイルを掲載していますので、JALカードユーザーでない場合には500マイル加算された数字となります。ただ、マイルを貯める人であればJALカードは持っていると思いますのでJALカード割引後の数字にしています。

JAL ANA
新千歳 11,500 12,000
函館 11,500 12,000
帯広 11,500 12,000
旭川 11,500 12,000
釧路 11,500 12,000
根室中標津 12,000
オホーツク紋別 12,000
女満別 11,500 12,000
稚内 12,000
青森 11,500
大館能代 12,000
三沢 11,500
秋田 9,500 10,000
庄内 10,000
山形 9,500
仙台 10,000
八丈島 10,000
富山 10,000
小松 9,500 10,000
能登 10,000
新潟 10,000
中部 9,500 10,000
伊丹 9,500 10,000
関西 9,500 10,000
南紀白浜 11,500
神戸 12,000
鳥取 12,000
米子 12,000
出雲 11,500
萩・石見 12,000
岡山 11,500 12,000
広島 11,500 12,000
山口宇部 11,500 12,000
岩国 12,000
高松 11,500 12,000
徳島 11,500 12,000
松山 11,500 12,000
高知 11,500 12,000
福岡 11,500 12,000
北九州 11,500 12,000
長崎 11,500 12,000
奄美 11,500
宮崎 11,500 12,000
大分 11,500 12,000
有明佐賀 12,000
熊本 11,500 12,000
鹿児島 11,500 12,000
那覇 11,500 14,000
久米島 20,000
宮古 20,000 17,000
石垣 20,000 17,000

 

レギュラーシーズン

JAL ANA
レギュラーシーズン 2018/5/8~8/9 2018/5/7~8/9
2018/6/1~11/30 2018/8/21~11/30
2019/3/1~3/31 2018/3/1~3/14

JALについては期間を書きましたが、はディスカウントマイル期間以外は全てレギュラーシーズンです。

JAL ANA
新千歳 15,000 15,000
函館 15,000 15,000
帯広 15,000 15,000
旭川 15,000 15,000
釧路 15,000 15,000
根室中標津 15,000
オホーツク紋別 15,000
女満別 15,000 15,000
稚内 15,000
青森 15,000
大館能代 15,000
三沢 15,000
秋田 12,000 12,000
庄内 12,000
山形 12,000
仙台 12,000
八丈島 12,000
富山 12,000
小松 12,000 12,000
能登 12,000
新潟 12,000
中部 12,000 12,000
伊丹 12,000 12,000
関西 12,000 12,000
南紀白浜 15,000
神戸 15,000
鳥取 15,000
米子 15,000
出雲 15,000
萩・石見 15,000
岡山 15,000 15,000
広島 15,000 15,000
山口宇部 15,000 15,000
岩国 15,000
高松 15,000 15,000
徳島 15,000 15,000
松山 15,000 15,000
高知 15,000 15,000
福岡 15,000 15,000
北九州 15,000 15,000
長崎 15,000 15,000
奄美 15,000
宮崎 15,000 15,000
大分 15,000 15,000
有明佐賀 15,000
熊本 15,000 15,000
鹿児島 15,000 15,000
那覇 15,000 18,000
久米島 20,000
宮古 20,000 20,000
石垣 20,000 20,000

 

ハイシーズン

JAL ANA
ハイシーズン 設定なし 2018/4/27~5/6
2018/8/10~8/20
2018/12/22~12/31
2019/1/1~1/5
2019/3/15~/31

ハイシーズンは大きく違いが出てきます。ANAは設定があるものの、JALには設定はありません。ただし、ハイシーズンなのでこの時期にマイルで特典航空券の取得はなかなか難しいのが実情です。

以下の必要マイル数については、JALはハイシーズン設定がないのでレギュラーシーズンの必要マイル数と同様の数値となっています。

JAL ANA
新千歳 15,000 18,000
函館 15,000 18,000
帯広 15,000 18,000
旭川 15,000 18,000
釧路 15,000 18,000
根室中標津 18,000
オホーツク紋別 18,000
女満別 15,000 18,000
稚内 18,000
青森 15,000
大館能代 18,000
三沢 15,000
秋田 12,000 15,000
庄内 15,000
山形 12,000
仙台 15,000
八丈島 15,000
富山 15,000
小松 12,000 15,000
能登 15,000
新潟 15,000
中部 12,000 15,000
伊丹 12,000 15,000
関西 12,000 15,000
南紀白浜 15,000
神戸 18,000
鳥取 18,000
米子 18,000
出雲 15,000
萩・石見 18,000
岡山 15,000 18,000
広島 15,000 18,000
山口宇部 15,000 18,000
岩国 18,000
高松 15,000 18,000
徳島 15,000 18,000
松山 15,000 18,000
高知 15,000 18,000
福岡 15,000 18,000
北九州 15,000 18,000
長崎 15,000 18,000
奄美 15,000
宮崎 15,000 18,000
大分 15,000 18,000
有明佐賀 18,000
熊本 15,000 18,000
鹿児島 15,000 18,000
那覇 15,000 21,000
久米島 20,000
宮古 20,000 23,000
石垣 20,000 23,000

スポンサーリンク

ブラックアウト期間について

前項ではそれぞれの航空会社の必要マイル数を比較しましたが、それ以外に気をつけなくてはいけない期間があります。それが、特典航空券が利用できない期間です。

上記でシーズン分けをしましたが、ANAについては一部の路線で以下の期間は特典航空券の取得ができないです。(2018年)
ハイシーズンのさらにピークの期間です。

対象路線(発) 東京(羽田/成田)・名古屋(中部)・大阪(伊丹/関西/神戸)
2018年 4/28、5/3、8/10~8/13、12/28~12/30
対象路線(着) 東京(羽田/成田)・名古屋(中部)・大阪(伊丹/関西/神戸)
2018年 5/5~5/6、8/15、8/19
2019年 1/3、1/5~1/6

JALについてはブラックアウト期間の設定は2018年度は無いようです。

予約期間について

今までは特典航空券の予約期間については、朝9時半に2ヶ月後の同日(2018年7月18日の予約であれば2018年9月18日)の予約が可能でした。

しかし、今年(2018年)の7月1日より運行ダイヤが確定し次第予約が可能となりました。その為、2ヶ月の縛りはなくなり、購入での航空券の予約が可能となるのと同時に特典航空券も予約が可能となっています。
※時期によってどの程度の席数が解放されるのかは分からないですが

また予約の期限については、JALは4日までまでですが、ANAについては前日まで予約が可能となりました。

2018年7月からの変更によりANAマイレージの特典航空券予約は劇的に使い勝手がよくなったと思います。
ただ、期間が広がった分、人気の沖縄路線などは先々の予約まで取られれてしまってなかなか特典航空券での予約が難しくなってくるかもしれないです。
JALについては今のところ反応は無いですが、同じように合わせてくるのかどうか。戦略の違いと昨年末にシステムを変更したばかりなのですぐには難しいでしょうね。

まとめ

ローシーズンとレギュラーシーズンでの必要マイル数については両社あまり大きく違うところはないと思います。大きく違うところとしては、ANAにはハイシーズン設定があるというところでしょうか。ただし、必要マイルはほぼ同一であったとしても、JALとANAをクレジットカードのポイントのみで貯めるとなるとそれぞれのカード(JALカード・ANAカード)での貯め安さ(還元率)が違ってきます。それについてはまた後日記載していきたいと思いますが、どちらかといえばANAカードの方がポイント還元率は良いです。

また、どちらのプログラムにするかについては、国内の空港は場所によってはJALのみ、ANAのみというところもありますので、利用頻度が高い空港にマイレージプログラムにするには言わずもがなです。

数字で比較して論理的にどちらが特なのかを導き出せればいいのでしょうが、新しいカードが出ると欲しくなってしまうという感情的な動機が私の中ではかなり大きいです。
そう、JALカードSuicaCLUB-Aゴールドが本日から申し込み開始。
今年はJALマイルにしようと思います。

スポンサーリンク


 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です