クレジットカード保有で得られるホテルの上級資格比較。メリットしかない。

ホテルチェーンについてはいくつかありますが、
ホテルごとに通称FSP(Frequent Stayer Program)と呼ばれるサービスがあります。
本来であれば宿泊数や宿泊金額によってステータスとサービスが決まるものですが、
いくつかのホテルチェーンについてはクレジットカードを保有するだけで、
上位ステータスを獲得することができます。

スポンサーリンク

マリオット/スターウッド(spg)

スターウッド・ホテル&リゾーツをマリオットホテルが買収したことで、
両ホテルのプログラムが2018年8月より統合されることになっています。
プログラムの名称は未定(2018年6月現在)ですが、
内容については統合された内容です。

会員
0~9泊/年
シルバー
エリート
10~24泊/年
ゴールド
エリート
25~49泊/年
プラチナ
エリート
50~74泊/年
プラチナ
プレミア
エリート
75~99泊/年
プラチナ
プレミア
エリート
(100泊 +対象となるご利用金額2万米ドル)
100泊以上/年
客室での無料のインターネットアクセス
会員料金
モバイル チェック
イン/サービス
完全予約保証
ポイントボーナス
10%ボーナス

25%ボーナス

50%ボーナス

75%ボーナス

75%ボーナス
優先レイトチェック
アウト

午後2時

午後4時

午後4時

午後4時
エリート専用予約
ライン
ホテルのウェルカム
ギフト

ポイント

ポイント、無料の朝食、又はアメニティ

ポイント、無料の朝食、又はアメニティ

ポイント、無料の朝食、又はアメニティ
より望ましい客室へのアップグレード
一部スイートを含む

一部スイートを含む

一部スイートを含む
ラウンジへの
アクセス
ルームタイプの保証
48時間前予約保証
アンバサダー
サービス,
Your24™
年間チョイス特典 (5スイートナイトアワードまたはギフトオプション)
年間チョイス特典 (5スイートナイトアワードまたはギフトオプション)

◯spgアメックス
ゴールドエリート資格付帯
年会費:33,000円(税抜)

◯アメックス・プラチナ
ゴールドエリート資格付帯
年会費:130,000円(税抜)

サービスの統合前まではspgのゴールドをステータスマッチでマリオットのゴールドにすることができていました。
マリオットのゴールドについては新しいサービスではプラチナステータスとなりますが、spgではゴールド止まりまりです。
特典の大きな違いとしては朝食サービスとラウンジへのアクセスでしょうか。
また、spgアメックスについては1年に1泊の無料宿泊がつきますが、アメックス・プラチナにはその特典はありません。

スポンサーリンク

ヒルトン

プログラム内容

特典 メンバー シルバー ゴールド ダイヤモンド
無料Wi-Fi
ご滞在に対するお支払い
$1ごとのポイント
10ポイント 12ポイント 18ポイント 20ポイント
最安料金
客室の選択 
(一部ブランドホテルのみ)
Digital Key
(一部ブランドホテルのみ)
1滞在につき
ボトルウォーター2本 
(一部ブランドホテルのみ)
特典滞在により、
5泊目が無料 
(全額ポイント宿泊の予約のみ)
エリート会員様の
繰越特典
マイルストーンボーナス 
(一歴年に40泊の達成で)
お部屋のアップグレード
(一部ブランド・空室ありの場合)
コンチネンタル
ブレックファスト 
(一部ブランドホテルのみ)
エグゼクティブラウンジのご利用 
(一部ブランドホテルのみ)
エリート会員資格の贈呈 
(一歴年に60泊の達成で)
48時間客室保証

クレジットカード

◯ヒルトン・オナーズVISA(三井住友カード)
・クラッシック
シルバー資格付帯
年会費:3,195円 (税込)
→マイペイスリボ申込+利用で年会費無料
・ゴールド
ゴールド資格付帯
年会費:13,950円 (税込)
→マイペイスリボ申込+利用+WEB明細で年会費6,480円
・プラチナ
ゴールド資格付帯
→10滞在か20泊、もしくは年間カード利用120万以上でダイヤモンド資格
年会費:66,500円(税込)

◯アメックス・プラチナ
ゴールド資格付帯
年会費:130,000円(税抜)

一番安くゴールド資格を取得するのであれば、三井住友VISAのゴールドがお勧めです。
ダイヤモンドステータス狙うにはヒルトン・オナーズVISAプラチナを持つことで、
取得がぐんと近づきます。
年会費は7万弱と高いですが、シンプルステイが25%オフになる
HPCJが無料でつくのと5千円の割引券が2枚つくので考えようによってはお得です。

プリンスホテル

プログラム内容

特典 ブルー ゴールド プラチナ
宿泊ベストレート補償
ゴルフベストレート補償
季節限定プラン先行予約
ボーナスポイント
(誕生月)
レイトチェックアウト
(誕生月)
ワンドリンク無料
(ゴルフ場・誕生月)
スイートルームプラン
(誕生月)
バースデーカードと
プチギフト(誕生月)
スマートチェックイン
3アワーズフリープログラム
会員紙「ESCORT」
プリンスポイント加算UP
お食事10回でお食事券
練習場利用ワンコイン  
朝食プレゼント  
カバーチャージ無料
ワイン持込無料
ウェルカムキット
プール入場無料
アフターゴルフ
ドリンクプレゼント

クレジットカード

◯SEIBU PRINCE CLUBカードセゾン
・ブルー
ブルー資格付帯(ポイントカードのみでも同様)
年会費:無料(AMEXブランドのみ3,240円)
・ゴールド
ゴールド資格付帯
年会費:15,000円(税抜)

外資系のサービスとは少し違った内容です。
西武グループにはゴルフ場もあるため、ゴルフの特典が割とあります。
また、プラチナに付帯している朝食無料については、同伴者1名のみでなく、
同伴者全員に付帯されるのでお得感があります。
また、ステータスを獲得するにも50万円というわかりやすいところも日本の企業らしいです。

OneHarmony

オークラ ホテルズ & リゾーツ、ニッコー・ホテルズ・インターナショナル、ホテルJALシティの共通FSPです。

プログラム内容

特典 メンバー ロイヤル エクスクルーシィブ
新聞無料サービス
クイックチェックイン
レイトチェックアウト
客室ワンランクアップ  

クレジットカード

◯One Harmony VISA
・クラッシック
メンバー資格付帯
年会費:1,250円(税抜)
・ゴールド
ロイヤル資格付帯
年会費:10,000円(税抜)
FSPの上級資格は付帯するものの、あまりサービスは多くないですね。
ちなみに、JALカードのCLUB-Aカード以上については、
ニッコー・ホテルズ・インターナショナル、ホテルJALシティについてのみですが、
「アーリーチェックイン」と「レイトチェックアウト」が付帯されています。
ホテルオークラを利用しないのであれば、JALカードという選択もありですね。

まとめ

どこのホテルを利用するかによって、どのカードを持つかを考えれば良いと思います。
ホテル特典については、アメックス・プラチナ※が複数ホテルのステータスを保有できるので、お勧めです。
※年会費は130,000円(税抜)と結構かかりますが。
ただ、マリオットとspgのサービスが定まっていないので、
今すごく気になっているのは、プリンスホテルです。
国内でも様々なところにありますし、
ポイントの使い方によってはかなりお得に泊まれます。
スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です