いきなりステーキでのクレジットカード利用制限を考える

ちょっと前に見かけたこのツイート

いきなりステーキで「JCB」系のカードが使えなくなっているとのこと。

なんでこんなことになるのか、勝手に考えてみました。

 

考えられる理由

加盟店手数料が高い

これはtwitterのコメント欄でも多く書かれていますが、JCBは加盟店手数料はV/Mに比べて高いです。

0.数パーセントの違いかもしれないですが少しでも売り上げを上げるためにJCBと契約を終了したのでしょう。

ちなみに、アメックスとダイナースはJCBと加盟店解放をしているため、そこにひきづられて使えなくなったのでしょう。

 

JCBから契約解除された

こんな選択肢もあるかと思ったのが、JCB側から契約を解除されたのではないか!?

カード会社は加盟店が潰れないかなどを管理しています。

もしかしたらJCBがいきなりステーキの業績が危ないと踏んで、急遽契約を切ったのではないか?

ただ、飲食店は加盟店としてはリスクはさほどないはず。

加盟店に対してはカード会社は支払いをする立場なので、倒産したとしても資金が回収できないリスクはないのではないかと。

 

いや、一点あるのか?

肉マネーのチャージが使えなくなった場合には、お客さんから返金のクレームが来る可能性があるかも。

チャージはしたのに使えない、ではカード会社に掛け合ってみようと考える方は少なからずいらっしゃるでしょう。

そう考えれば肉マネーはリスクかもしれない!?

検証してみた

じゃあ、実際にはどうなのかまずは実際に店舗に行ってみた。

美味しくお肉をいただいて、支払いはクレジットカード(ダイナース)で!!

はい!問題なく決済できました。

→JCB系が使えないお店は出ているものの、全店ではない模様。

 

では、肉マネーはどうか?

はい、こちらも今のところ(2020年1月29日)なんの問題もなくチャージできました!!

 

最後に

いきなりステーキとカード会社の契約形態が各店舗となのかどうかはわかりませんが、クレジットカード会社が各店舗と個別に契約しているとはあまり考えられないと思います。

結局は使おうと思えば使えるけど、お店ごとの判断で使わせないようにしているだけかもしれません・・・。

なんの身にもならないただの呟きです。

スポンサーリンク


 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です