コンビニでのキャッシュレス・消費者還元事業の注意点

消費増税とともに始まる、キャッシュレス・消費者還元事業に向かって、みなさんキャッシュレス決済の準備は万端でしょうか?

先日記載した通りですが、「キャッシュレス・消費者還元事業」と「軽減税率」は違いますのでご注意を!!

今回は「キャッシュレス・消費者還元事業」の中でも、ちょっと注意なコンビニです。

スポンサーリンク

キャッシュレス・消費者還元事業の概要

「キャッシュレス・消費者還元事業」とは、2019年10月1日の消費税率引上げに対する、消費喚起対策として、国が主導する事業のこと。中小・小規模企業が運営する店舗におけるキャッシュレス決済取引に対して、ポイント還元等により利用金額の一部を還元してもらえます。

対象期間

2019年10月1日(火)~2020年6月30日(火)(9カ月間

還元率

  • 中小企業・小規模事業者が運営する店舗:カードご利用額の5%
  • コンビニなどフランチャイズチェーン店舗:カードご利用額の2%

還元率は上記のような基準ですが、還元される内容がポイントなのか、キャッシュバックされるのかは各企業により異なります。

対象

事前に申請を出した店舗が対象となり、店舗には以下のようなステッカーが表示されます。

また、キャッシュレスの手段としては、クレジットカード・デビットカード・電子マネー・QRコード決済などのうち、そのキャッシュレスサービス提供会社が登録決済事業者として認められていることが必要です。

どこの会社が対象になっているかはこちらから確認できます。

コンビニでのキャッシュレス・消費者還元事業

お店でキャッシュレス決済をした際に何で還元されるかは各社異なりますが、大手コンビニ3社(セブンイレブン・ローソン・ファミリーマート)での利用については少し状況が異なります。

キャッシュレス・消費者還元事業については請求時に還元金額が引かれた金額で請求が出たり、後日ポイント還元されたりします。

しかし、コンビニについては、キャッシュレスでの支払いをすればレジでの決済時に2%分が引かれた金額で精算します。

どのキャッシュレス決済手段で決済をしても、店頭での値引きとなりますので、キャッシュレス事業者での還元はされません。

これは、コンビニのフランチャイズ店は2%還元されるのに、直営店では還元がないとなると消費者の混乱を招くとして、直営店の2%還元はコンビニ各社が費用を持ってブランドで一律の還元率にしているためです。

最後に

大手コンビニ3社については、現金以外のキャッシュレス決済をすればどんな決済手段でも一律で2%引きになりますので、普段使っているメインの決済手段を用いれば良いと思います。

コンビニは基本的に各商品の値段が高いので、2%還元されたとしてもお得度はましません。

しかし、定価販売される雑誌については大手の本屋で買うよりかはコンビニで買ったほうが若干安くなりますね。

キャッシュレス・消費者還元事業については申請しているお店がまだまだ少ないと聞いています。

妻の通っている美容院も面倒だから申請しないと言っていたようです・・・。

キャッシュレス推進の為にも、是非申請・登録をしてほしいです。

スポンサーリンク


 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です