キャッシュレス・消費者還元事業とは何?仕組みが分かりにくい

2019年10月1日からついに消費税が8%から10%に上がりますね。

増税に対する消費の落ち込みを回避するために、キャッシュレス・消費者還元事業だの軽減税率だのなんだか頭がごちゃごちゃになります。

妻とも一体何が分かりにくいのか話をしていくうちに、二つの仕組みがなんとなく入り混じっているのだと感じました。

まずはそのところを整理したいと思います。

スポンサーリンク

「キャッシュレス・消費還元事業」と「軽減税率」の違い

2%、5%、8%、10%と色々な数字が出てきていますが、この数字が頭の中をごちゃごちゃにしています。

「キャッシュレス・消費者還元事業」は2%と5%

「軽減税率」は8%と10%が関係します。

まず、両者の簡単な説明です。

キャッシュレス・消費者還元事業

キャッシュレス・消費者還元事業については公式サイトに以下のような説明があります。

キャッシュレス・消費者還元事業は、2019年10月1日の消費税率引上げに伴い、需要平準化対策として、キャッシュレス対応による生産性向上や消費者の利便性向上の観点も含め、消費税率引上げ後の9カ月間に限り、中小・小規模事業者によるキャッシュレス手段を使ったポイント還元を支援する事業です。

記載されている通りですが、10月1日の消費税率引き上げ後の消費喚起対策に加えて、キャッシュレス化の推進を行いたい経済産業省が主体となって実施する補助金制度です。

当然ながら、キャッシュレス決済をした場合にのみ5%か2%分の還元が受けられる施策です。
※現金での支払いは対象外

対象期間

2019年10月1日〜2020年6月30日

9ヶ月間限定で、上記の期間の利用分が対象。

還元率

中小企業・小規模事業者が運営する店舗利用額の5%
コンビニなどのフランチャイズチェーン店舗利用額の2%

大企業は対象外となりますので、ここは注意しておきましょう。

また、中小企業や小規模事業者でも、事前に届け出をしていなければ対象となりません。

対象の店舗には以下のようなステッカーが貼られるようですので、そちらを目印にすると良いです。
※以下は5%の場合。
2%還元の場合は以下の数字が2%となります。

還元方法

決済事業者によってポイント還元であったり支払い残高に充当であったり、残高付与であったりと異なります。

ここは利用する決済手段(クレジットカード・電子マネー・QRコード決済等)のそれぞれの会社のページを確認してください。

また、還元金額についてはクレジットカード会社は月に15,000円までとある程度は統一されていますが、それ以外のところは無制限の会社もあります。

軽減税率

軽減税率は国税庁の管轄ですが、いまいち良い表現がなかったのでウィキペディアより。

軽減税率とは、主に物品税に変わって採用された消費税に関し、低所得者対策を目的として一部の対象品目には標準税率から軽減した税率を適用すること。

つまりは、低所得者へ経済的な配慮をするという目的のもとで進められています。
具体的には、所得に関係なく一律の割合で納める必要のある消費税について、生活する上で必須となる飲食料品などの税率を低くするというものです。

外食は贅沢なので10%、持ち帰りは家での食費とみなして8%という分かりにくい区分けができてしまっています・・・。

こちらについては税率自体が変わるものですので、支払いは現金だろうがキャッシュレス決済だろうが適用されるものです。

対象期間

終了予定未定
※2019年9月現在

税率

飲食料品・新聞(定期購読)消費税8%
その他消費税10%

何で新聞?って思いますけど・・・。

還元方法

精算時に別税率で計算

税率が違うので、会計時には別税率が適用されています。

難しいことはお店側で行ってくれます。

 

キャッシュレス・消費者還元事業&軽減税率比較表

だらだらと書いてしまいましたが、簡単な比較表です。

キャッシュレス・
消費者還元事業
軽減税率
対象期間 2019年10月1日〜2020年6月30日 終了予定未定(2019年9月現在)
支払い方法 キャッシュレス決済 現金・キャッシュレスいずれもOK
還元率・税率 中小企業・小規模店舗:5%
コンビニ等フランチャイズ店舗:2%
飲食料品・新聞:消費税8%
それ以外:消費税10%
※新聞は定期購読分のみ
還元方法 支払い充当・ポイント還元等
※事業者毎に異なる
支払い時に購入物によって異なる税率が適用
所管 経済産業省 国税庁

全く違う制度が一度に行われているのでわけが分からないくなってしまいますね。

スポンサーリンク

「キャッシュレス・消費還元事業」の還元方法

軽減税率については税率が変わるだけなので、その場で金額が分かります。

また分かりにくいのが「キャッシュレス・消費還元事業」の還元方法です。

キャッシュレスと言ってもクレジットカード・デビットカード・プリペイドカード・電子マネー・QRコード決済など多種多様なものが対象となります。

それぞれが対象店舗での利用金額に応じて、5%か2%相当を還元しますが、その還元方法も決済事業者によって異なります。

自分が何を使うかによって、どのように還元されるかは各社のHPを確認して欲しいですが、大まかに分けると以下のように分かれます。

ポイント(残高)で付与 レジで値引き
・Suica等交通系電子マネー
・PayPay(ペイペイ)等
QRコード決済
・一部クレジットカード
・大手コンビニ3社
引き落とし時に値引き 後日口座振込
・クレジットカード ・クレジットカード
・デビットカード

大手コンビニはキャッシュレスでの支払いをすればその場で2%割引になります。

何を使うかで、いつ還元されるか異なるので、全てを把握するのは大変です。

 

最後に

キャッシュレス決済事業者毎に還元内容を纏めたかったですが、まだ各社対応が決まりきっていない状況のようです。

また、キャッシュレス・消費者還元事業の対象店舗については、今のところ公式HP上のPDFで探すという苦行が必要です。

9月末には検索するアプリが出るようですが、使い勝手は未知数です。

 

もう、開始まで1ヶ月を切っているというのに間に合うのかな?という感じですが、買い物するところが「キャッシュレス・消費者還元事業」の対象店舗だったらラッキーくらいでいた方がいいかもしれないですね。

とりあえずコンビニではキャッシュレスが一番お得です!!

スポンサーリンク

2 Comments

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です