コーナンでPayPay(ペイペイ )やLINE Pay(ラインペイ )などのQRコード決済は使えるのか?コーナンでのキャッシュレス事情

下火になってきたとはいえ、PayPay(ペイペイ)の100億円キャンペーンから始まり、PayPay(ペイペイ)やLINE Pay(ラインペイ)などのQRコード決済(スマホ決済)のキャンペーンがまだ代わる代わる行われています。

その中でも、セキチューをはじめとしたホームセンターでもQRコード決済の導入がされています。
※以下はPayPay(ペイペイ)がお店

今回注目は、近畿地方を中心にホームセンターを展開する「コーナン」です。

スポンサーリンク

コーナンとは

「コーナン」は近畿地方を中心に、東北(宮城)・関東(東京、神奈川、千葉、埼玉、茨城)・中部・中国・四国・九州(福岡、長崎)にホームセンターを展開している会社。

ホームセンターは郊外店が多く、大きな資材を売っているので店舗は大型です。

売っているものは大型の資材をはじめ、

生活に必要なものは全般的に売っています。

生活に必要なものであれば、ここに来ればある程度はなんでも揃います。

コーナンでののキャッシュレス

QRコード決済

「コーナン」ではPayPay(ペイペイ)やLINE Pay(ラインペイ)をはじめとしたQRコード決済は利用できるのでしょうか?

2019年7月現在は、答えは「NO」です。

中国人観光客向けにAlipayやWeChatPayが使えるお店も増えてきていますが、そちらも今のところ使えません。

後述しますが、コーナン独自の「コーナンPay」は利用することはできます!!

クレジットカード

キャッシュレスという観点であれば、「コーナン」で利用できるクレジットカードは

ビザ・マスター・JCB・アメックス・ダイナースと一通り利用することはできます

電子マネー

電子マネーについては、コーナン独自のコーナンPayは利用可能。

しかし、それ以外の交通系のSuicaやiD(アイディ)やQUICPayなどのポストペイ形式のものや楽天Edy(エディ)は利用できません。

コーナンPayとポイント制度

コーナンでは独自の電子マネーがあります。

それが「コーナンPay」です。

コーナン Payはプラスチックのカードとスマホでのアプリで利用することができます。

プラスチックのカードは店舗で、スマホはアプリをダウンロードすることで利用可能です

コーナンPay

年会費

無料

ポイント付与

1,000円チャージ毎に1%(10円)付与
チャージ毎に1%分が付与されますが、クレジットカードでのチャージであればクレジットカード利用でのポイントも付与されます。
※ポイント付与対象外のケースもあり

2019年10月からはランクアップ制度が導入予定。
年間の利用金額に応じて、以下のポイント還元率に

利用金額 ランク 還元率
〜19,999円 一般 1%
20,000円〜99,999円 シルバー 1.2%
100,000円〜299,999円 ゴールド 1.5%
300,000円〜 プラチナ  2%

チャージ方法

・現金(店舗)

・クレジットカード(アプリ)
クレジットカードはVISA/マスターで3Dセキュア登録必要

コーナンでのポイント制度

上記にあげたコーナンPayの他に、楽天ポイントが貯まります。

利用金額200円で1pointが貯まります。

これはコーナンPayとの併用可能なので、コーナンのヘビーユーザーであればコーナンPayをチャージして支払い、楽天ポイントを貯まると最も還元率が上がります。

コーナンでQRコード決済導入の可能性はあるのか

現在(2019年7月)はコーナンではPayPay(ペイペイ)やLINE Pay(ラインペイ)をはじめとした国内のQRコード決済は導入されていません

今後はどうなのかというと、コーナンPayという独自のシステムがあるので、すぐに導入ということはないかもしれませんが、導入の可能性もあるのではないか考えています。

楽天ポイントの導入が始まっていますので、楽天ぺいの導入などがあるかもしれないですね

キャッシュレスという意味ではクレジットカードが全てのブランド利用できますので全く問題ないですが、選択肢が広がるのは良いことなので今後なんらかの動きがあると面白いと思います。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です