LINE Pay(ラインペイ )マイカラー制度が「LINEポイント」から「LINE Payボーナス」へ変更

結構衝撃的なニュースだと感じています。

2019年6月28日にLINE Pay公式ブログのお知らせでの告知・・・

2019年8月1日(木)より、毎月、ご自身のバッジカラーに応じて、インセンティブとして付与される「LINEポイント」が「LINE Payボーナス」に変更になります。
※各バッジカラーの付与率に変更はありません。

マイカラープログラムでのポイント付与率には違いはありませんが、付与される内容が大きく変わります。

スポンサーリンク

LINE Pay(ラインペイ )マイカラープログラム

LINE Pay(ラインペイ )のマイカラープログラムとは、前月のLINE Pay(ラインペイ )の利用状況に応じて、当月のLINE Pay(ラインペイ )利用に応じてインセンティブがもらえるものです。

ランク毎の決済金額

マイカラーはグリーン・ブルー・レッド・ホワイトの四段階でそれぞれ以下の金額を決済する事でランクが決定します。

《グリーン》決済金額 : 10万円/月
《ブルー》決済金額 : 5万円~9万9,999円/月
《レッド》決済金額 : 1万円~4万9,999円/月
《ホワイト》決済金額 : 0円~9,999円/月

ランク毎のポイント率

それぞれのランクに応じたポイント率は以下の通りです。

2019年7月31日までは、通常のランクのポイント率にさらに3%のボーナスポイントが付与されていました。

ポイントの使い道

利用に応じて付与されるLINEポイントですが、LINE Pay(ラインペイ )の支払いに利用できたり、他のポイントやマイルへ移行する事も可能!!

LINEプレミアムサービス

LINE Pay残高、LINEモバイルの支払い、LINEデリマの支払いに利用可能。
1ポイント1円分の等価交換が可能です。

LINEPay残高にすれば、手数料はかかるものの銀行口座に現金として戻すことが可能。
3%分がキャッシュバックされるような感じですね。

ポイント交換

こちらが一番大きなメリットになってきます。
交換できるポイント・ギフトは以下の通り。

交換先サービス LINEポイント 交換先ポイント 交換比率
LINE MUSICクーポン 500ポイント 500円分 100%
Amazonギフト券 550ポイント 500円分 91%
nanacoポイント 300ポイント 270ポイント 90%
メトロポイント 300ポイント 270メトロポイント 90%
Pontaポイント 300ポイント 270ポイント 90%
選べるe-GIFT 550ポイント 500円分 91%
ベルメゾンポイント 300ポイント 270ポイント 90%
JALマイレージバンク 300ポイント 100 マイル 33%

交換先としてJALマイル貯めるのであれば、直接JALマイルに交換するよりも一度Pontaポイントに交換してからJALマイルに交換する方が還元率が高くなります。

例)LINEポイント300ポイント→Pontaポイント270ポイント→JALマイル135ポイント(還元率1.35%)

ANAマイルについては。
直接的な表記はないですが、メトロポイントからソラチカカードを経由してANAマイルに交換が可能。

商品に交換

次に各種店舗で商品に交換できるクーポンを購入することが可能。
【一例】

こちらもほぼLINEポイント1ポイント1円で計算できるようなクーポンです。

LINEコインに交換

最後に、LINEコインに交換してLINEアプリのスタンプ購入などに利用することが可能。
交換の比率は2ポイントで1コインです。
この比率はどうなのか、スタンプの価値はなんとも測り難いですね。

スポンサーリンク

LINE Pay(ラインペイ )インセンティブ変更による影響

マイルに交換が可能であったり、色々と使い勝手いが良いLINEポイント。

LINE Pay(ラインペイ )を利用したことによるインセンティブがLINEポイントからLINE Payボーナスに変わると、当然ながらマイルへの交換ができなくなります。

今までLINE Pay(ラインペイ )を利用してANAマイルに移行していた方についてはかなりの打撃ではないでしょうか?

ただし、企業として考えれば、LINE Pay(ラインペイ )でさらに決済をしてもらう為にはインセンティブをLINE Payボーナスに変えて、取り扱い金額を上げていこうとするのは当然の判断だと思います。

でも、マイラーにとって使うメリットは激減するので、少なからず利用者は減るのでないかなと思います。

LINE Pay(ラインペイ )を決済の中心に据えて利用している方については、インセンティブがLINEポイントからLINE Payボーナスに変わっても付与率は変わらないのでなんら問題はないでしょうけどね。

インセンティブが変わったとしても、LINEポイントは残ります。

そうするとLINEポイントは、
LINEポイント→メトロポイント→ANAマイルに移行するソラチカルートを利用するのみ、ただポイント移行の為のものになってしまうのでしょう。
※あくまでも陸マイラーの話

この流れだと、LINEポイント自体も廃止ということになるのではないかと危惧しております。

最後に

気になることがもう一つ。

先日、続報がでた「LINE Pay VISAカード」

こちらのカードは初年度は3%の還元率とうたわれていますが、それは何で還元されるのかということです。

当然ながらLINEポイントだと思っていましたが、もしかしたらLINE Payボーナスになるのでは?とも考えられます。

それでも利用金額の3%貯まるカードであれば今の世の中では最も還元率の良いカードとなるでしょうけど、ちょっと思ってたのと違うとなりそうです。

QRコード決済(スマホ決済)会社の乱立によって、今後は各社提携や再編が進んでくると考えられます。

今後の動きに注目です。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です