ヤマダ電機でのPayPay(ペイペイ)やLINE Pay(ラインペイ )のキャッシュレス導入状況

PayPay(ペイペイ)の100億円キャンペーンから注目をされ、LINE Pay(ラインペイ)も対抗したことから、家電量販店ではQRコード決済(スマホ決済)の導入が積極的に行われています。
 

QRコード決済ではユーザーの増加はもちろんのこと、使えるお店も家電量販店をはじめとして順次拡大中。

今回は全国津々浦々に店舗展開会しているヤマダ電機でのQRコードの取り扱い状況やキャッシュレス決済の取り扱い状況を確認します。
ヤマダ電機でペイペイやラインペイ

スポンサーリンク

ヤマダ電機で使えるQRコード(スマホ)決済をはじめとしたキャッシュレス状況

ヤマダ電機ではPayPay(ペイペイ)やLINE Pay(ラインペイ)をはじめとしたQRコード決済は利用できるのでしょうか?

QRコード決済

2019年3月現在は、PayPay(ペイペイ)やLINE Pay(ラインペイ )については導入済み。

他には中国人向けにAlipayやWeChatPayなどQRコード決済の導入もあります。

PayPay(ペイペイ)やLINE Pay(ラインペイ)についてはキャンペーンが行われると、店舗内でも大々的に取り上げられています!!
ヤマダ電機でペイペイ
ヤマダ電機でラインペイ

その他に楽天Pay(RPay)やOrigami Pay(オリガミペイ)、d払いなどのQRコード決済については導入はされていません。

クレジットカード

また、現金以外の支払い方法(キャッシュレス)という観点であれば、ヤマダ電機ではクレジットカードはビザ・マスター・JCB・アメックス・ダイナースと一通り利用することは可能。

さらに銀聯カードについても取り扱いがあります。
中国系のインバウンド利用を取り込む為には必要なブランドですね。

電子マネー

ヤマダ電機ではSuicaなどの交通系の電子マネーや、iDやQUICPayなどのクレジットカード会社提供の電子決済は利用不可。

家電量販店ですので、高額な決済があるからなのか、高額決済のできない電子マネーは取り扱いなしです。

 

ヤマダ電機でペイペイかラインペイ

これだけ使えれば、決済手段という意味ではなんら問題はないですね。

ヤマダ電機でQRコード決済の今後

ヤマダ電機では、PayPay(ペイペイ)やLINE Pay(ラインペイ )についてのみQRコード決済(スマホ決済)を利用することができます。

AlipayやWeChatPayなどの中国人向けのQRコード決済の導入もありますし、
外国人対応としてはクレジットカードや銀聯も使えるので決済手段としては充実しています。。

今後、楽天Pay(RPay)やOrigami Pay(オリガミペイ)、d払いについての導入がなされるかというところが気になりますが、積極的な導入はしないのではないかと考えられます。

PayPay(ペイペイ)とLINE Pay(ラインペイ )さえ導入しておけばQRコード決済についてのシェアはかなりカバーしているものと思われるからです。

あまり支払いのコードを増やしても店員さんも困るでしょうしね。

競合他社の状況はどうかというと、ケンタッキーではQRコード決済の一つのOrigami Pay(オリガミペイ )が使えるようになっていますね。

QRコード決済はまだ発展途上なので、これからも各種キャンペーンは行われていくでしょう。

キャンペーンが行われたらヤマダ電機でも積極的に使っていきたいです。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です