Apple Card(アップルカード)が発行!?どんなメリットやデメリットがあるか考察

iPhoneで有名なApple(アップル)からApple Card(アップルカード)が発行されるニュースが出ましたね!!

熱狂的とまでは行きませんが、Apple大好きなりんご病な私としては興味津々です!!

まだ日本での導入は未定ですが、きっと入ってくるでしょうから楽しみです♪

そんなApple Cardについて、今わかっていることをはじめとして、どのようなメリットやデメリットがあるのかを考えてみたいと思います。

スポンサーリンク

Apple Card(アップルカード)概要

現時点で判明しているApple Card(アップルカード)の概要ですが、今のところはアメリカでの導入が決まっているのみ。

日本での導入は未定なので、以下はアメリカ仕様です。

支払い機能

すでにサービスが提供されているApple Payはクレジットカードが必要ですが、クレジットカード登録がなくてもアプリ内で設定をすればApple Payが使えるようになるというもの。

利用はApple Payで店舗とインターネットの利用が可能、
Apple Payが使えないところではチタン製のカードを発行することも可能。

費用

年会費や発行手数料は無料

還元率

Apple Cardを利用した際の還元率は、

・AppleMUSICなどのApple関連での利用は3%
・Apple Pay経由での利用は2%
・AppleCard物理カード利用で1%

これらは支払い当日にデイリーキャッシュとして還元されます。
デイリーキャッシュはiMassageで送金ができたり、AppleCardの支払いとして利用できます。

口座への入金も手数料なしでできる模様。

iPhoneで送金ができるとなれば

カード発行会社

物理カードとしてはチタン製のカードを発行することも可能です。

そのカード発行会社としては米ゴールドマンサックスがマスターカードを発行。

Apple Payの画像ですが、右下にうっすらとマスターカードのマークがありますね。

チタン製カードには、名前のみの表記でカード番号・有効期限の表記はありません。
それらを確認するにはアプリ内で確認をする必要があるようです。

家計管理

利用の履歴については、どこで利用したかをカテゴリー分けしてくれます。

これについてはマネーフォワードのようなアプリが標準で搭載されるようなものでしょう。
どの程度の正確さがあるのかが気になるところ。

Apple Card(アップルカード)のメリット・デメリット

Apple Cardについてわかっている限りのところでのメリット・デメリット。

メリット

・セキュリティが高い
Apple Payはセキュリティが高く、不正利用がされにくい。
またチタン製カードについてはカード情報の記載がないのでカード番号を現物カードから盗まれるということもない。

・カッコいい
チタン製のカードが格好いい!!
これが年会費・発行手数料なしでモテるというのは嬉しい。

・還元率が高い
Apple Payでの還元率は2%と高還元。

デメリット

・キャッシュバックのみ
還元率が2%と高めですが、基本はキャッシュバックです。
マイルを貯めたりしている方については選択肢が少なくなるかな。
またチタン製カードでの支払いは1%と還元率が下がるのもデメリット。

今後の展望

アメリカでは2019年の夏にサービス開始されるApple Cash(アップルキャッシュ)ですが、日本でのサービス開始時期は不明。

今現在、一番気になるのは日本でのカード発行会社がどこになるのか?

アメリカではマスターカードブランドですので、同様な仕様と考えるのであれば、JCB/アメックス/ダイナースはないかな。

銀行系の三井住友かとも思いますが、三井住友はVISA推しですから、MUN(三菱)になるのかな。
またはラグジュアリーカードがアプラスから発行されるようにここ!?というようなカード会社から発行されるかもしれません。

私はメインカードにはしないと思いますが、無料であれば是非とも発行して保有したいカードです!!

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です