merpay(メルペイ)の使い方は簡単?メリット・デメリットは何?

PayPay(ペイペイ)やLINE Pay(ラインペイ )をはじめとして、◯◯ペイが乱立していますね。

そんななかで、フリマアプリのメルカリから「メルペイ」がリリースされました!!

メルカリは知っているけど、メルペイってなに?という方の向けて、メルペイの使い方やメリット・デメリットを考えてみました。
特にメルカリユーザーにはメリットありです!!

スポンサーリンク

 

merpay(メルペイ)とは

メルペイはフリマアプリのメルカリの100%子会社として、金融関係事業展開の為に設立された会社です。
2019年2月13日からは具体的なサービスとして、メルカリアプリ内に支払いサービスの「メルペイ」の提供を開始しました。

メルペイが利用可能なのは、Apple Payの利用が可能なiOS(iPhone)のみですが、今後Android端末にも搭載が予定されています。

支払いの方法としては、アプリ内でカードの設定をすることで非接触決済の「iD(アイディー)」として利用可能。
iDの使えるお店は、コンビニやファミレスなどを筆頭に全国で約90万店舗で利用可能です。

支払い元としては、メルカリでの売上金を利用する方法と、銀行口座からチャージの二種類が利用可能。
2019年2月現在はは、クレジットカードからのチャージや支払いについては設定をすることはできません。

支払いについては売上金の残高や銀行からのチャージによる残高からの支払いになる為、カテゴリー的にはプリペイド方式です。
※iDマークの下にもPRIPAIDとあります

メルペイの特徴

ユーザー

PayPay(ペイペイ)やLINE Pay(ラインペイ )等のスマホ決済を利用した際には利用金額に応じて0.5%~のポイント付与等の利点がありますが、メルペイを利用した際にはポイント還元等の特典はありません

メルカリユーザーのへの利点としては、銀行口座を設定して本人確認を行うことで、メルカリでの売上の振込申請期限180日が無制限になります。

今まではメルカリの売上については、自身の口座に振込をしてもらうか、売上をポイントに変えてメルカリ内で利用をするかの二択でした。
そこに利用方法の選択肢が広がったことと、出金は月に2回のタイミングでしたできないものの、実際の店舗でメルカリの売上金額を利用した買い物ができるようになったことが大きな変化です。

加盟店

メルペイの加盟店としては、特別なものはなくiDの加盟店でそのまま利用可能。
すでにiD加盟店は約90万店舗ありますので、使えるお店が少ないということはないでしょう。

ただし、今後の利用可能店舗の拡大についてはメルカリが頑張る話ではなく、iD加盟店の営業部隊(三井住友カードやドコモですかね?)が頑張ってくれることでしょう。

スポンサーリンク

メルペイの登録から使い方

メルペイの登録については、メルカリアプリをバージョン4.0.0以上にアップデートすることで、メルカリアプリの右下に「メルペイ」が表示されます。
バージョンとか書きましたが、とにかく最新の状態にしておけば大丈夫です。

メルペイ設定方法

メルペイの設定方法としては設定を始める入り口さえわかればあとは必要な項目を入力して進むだけなので簡単に設定ができます。

設定方法としてはかなりシンプルにわかりやすい作りになっていて好感が持てます!

①メルペイの設定方法としては、まずメルカリアプリの右下「メルペイ」を選択します。

 

②次の画面の「売上金・ポイントをお店で使う」を選択。

 

③登録画面が開くので項目をそれぞれ入力して「次へ」を押していきます。
facebookで登録をすればある程度の項目が入力されます。

 

④携帯番号を入れるとメール(SMS)で4桁の認証コードが届きますので、画面に入力して完了を押します。

 

⑤そのまま設定を続けますが、基本的には開いた画面の「次へ」や「OK」「同意する」を選択していけば設定が完了します。

 

メルペイの使い方

お店で支払いをするときのメルペイの使い方について。

まずはメルカリアプリの「電子マネー(iD)を開くを選べば支払いの画面になりますので、サイドボタンをダブルクリックしてスタンバイしておきましょう。

そして、お店の方に、支払いは「アイディ(iD)」で!!と言えばOKです。

お店の人がレジで操作していいよと言われたら機械にタッチします。
どこにタッチすればいいか分からなければお店の方に聞いてくださいね。

例えば、セブンイレブンであれば以下のようなところにタッチです。

メルペイのメリット・デメリット

メリット

メルペイの一番大きなメリットとしては、メルカリユーザーにとってのもの。

・メルカリ売上を手数料なしで実店舗で利用が可能
・iDの加盟店とSuica加盟店とすでに多くの店舗で利用可能

現在はメルカリの売上を現金化するためには、通常の振込であれば月に2回、急ぎの対応は手数料がかかってしまいます。
それがタイミングを図らなくても、お財布のようにメルカリの売上を実店舗で買い物ができるということは大きなメリットです。

振込については10,000円未満は振込の手数料が210円かかってしまうので、少額の売上しかない場合にはメルペイで支払いをすることで手数料を無駄にすることなく利用ができます。

利用できるお店はiD加盟店とコンビニやファミレスなどで、すでに利用網がかなり広がっているところで利用できるのは大きな利点です。

応用としてはApple Payの仕様なので、Suicaへのチャージも可能です。
そうすることで鉄道の運賃に利用ができたり実際のSuica加盟店でも利用が可能です。
Suicaへのチャージ方法は以下をご参照ください。

メルペイでSuicaチャージ方法

①Suicaアプリを開いて下のApple Payを選択

②下にチャージするカードが表示されるので、メルペイが表示されていなかったらカード名称を選択。
メルペイが表示されていたらそのまま横のボタンをダブルクリック。

③カード選択画面になるので、メルペイを選択して「戻る」をタップ。

④最後に金額を確認してサイドボタンをダブルクリックでチャージ完了。

デメリット

デメリットとしてはメルカリユーザー以外にはメリットがないことです。
メルペイを使ってもポイント還元や割引などは何もないです。

・メルカリユーザーでなければあえて利用するインセンティブがない

メルカリの売上もないのに、わざわざ銀行口座からチャージしてメルペイを使う理由が今のところはないでしょう。

メルペイのまとめ

メルカリユーザーにとっては売上の利用方法の選択肢が増えることはいいことですが、非ユーザーにとってのメリットが今のところないのが残念です。

ただし後発のペイメントサービスでサービス提供内容が今までの内容ですと先がないと思いますし、別会社まで作って事業展開をしようとしているわけですから、今後の展開には期待したいです。

メルペイについては今後はポイントを付与して、メリカリで使えるようにするなど非メルカリユーザーをメルカリ利用者に取り込むようなことも考えられるでしょうし、何か面白い決済サービスか追加されるかもしれません。
ただポイントのバラマキで終わっては意味がないとメルペイは考えているようで、当面はポイント還元などは導入されない見込みです・・・。

また今後の展開として、iPhoneはiDを活用していますが、アンドロイドはどうするのかがまた注目。
アンドロイドのGPayは、現在QUICPay+の取り扱いのみで、ここが何か変わるのか。
さらにはスマホ決済(コード決済)も追加されるかどうかも注目してみたいです。

まだまだメルペイがどのような決済サービスを目指しているのか見えてこないのですが、何が提供されて来るのかは楽しみです!!

まずはメルカリもやってみようかな、という気にもなりましたしね。

(2019.2.27追記)
将来的な話ですが、「メルペイ後払い」というサービスも導入が発表されています。
少額の貸付がメルカリ内で行われるということなのでしょうけど、メルペイの動きも面白くなってきました。

スポンサーリンク

1 Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です