【2019年入会特典あり】ヤフーカードのメリットとデメリット

ヤフーカード

Yahoo!ショッピングで日本最大級にポイントが貯まるクレジットカード。

PayPay(ペイペイ)の残高チャージで利用できる唯一のクレジットカード。

ヤフーカードの特徴を簡単に説明をすると年会費無料(本会員/家族会員)でTポイントが1%〜3%貯まるお得なクレジットカードです。

年会費が無料で、還元率が最低でも1%というのはかなりの好条件。
加えて貯まるポイントはTポイントと使い勝手も悪くないです。

その他にもヤフーカードにしかない特徴があり、特に以下の方にオススメですが、年会費は無料なのでどなたでもお得に利用できること間違いなしです。

カードが特にオススメの方
・Yahoo!ショッピングをよく利用する方
・TUTAYA(ツタヤ)会員
・PayPay(ペイペイ)で残高チャージをしたい方
・ふるさと納税を利用する方
・ソフトバンクユーザー

(2019.2.4追記)
PayPay(ペイペイ)の100億円還元キャンペーンの第二弾ではヤフーカードの利用の有無で還元率が変わります。
PayPay(ペイペイ)との組み合わせで最大限に威力を発揮するカードになっています。

ヤフーカードの特徴

ヤフーカードは「ワイジェイカード株式会社」というヤフーの子会社です。
もともともは国内信販という九州を拠点にしている信販会社でしたので歴史もあり、安心感はあります。

ヤフーカード年会費

ヤフーカードは本会員の他に家族カードを3枚まで申し込みできますが、いずれも年会費は無料です。

また、追加カードとしてETCカードの申し込みも可能ですが、こちらは残念ながら年会費が500円かかってしまいます。

本会員、家族カードは永年年会費無料なので気軽に保有することができますね。
ETCカードは年会費がかかってしまいますので、他にカードをお持ちでしたらそちらで発行してもらう方がいいでしょう。

ヤフーカードでTポイント

ヤフーカードを利用した際に貯まるポイントはTポイントです。

還元率は1%〜3%
通常のお店やネットでの利用だと100円につきTポイントが1ポイント貯まります。
一回あたりの買い物で貯まり、99円以下は切り捨て。
ポイントはSuicaチャージも対象ですが、nanacoチャージについては200円で1ポイントと還元率はやや下がります。

さらにTポイントカードとしても利用できますので、Tポイント加盟店ではさらに100円で1ポイント貯まります。

還元率で威力を発揮するのはYahoo!ショッピングとLOHACOでの決済に利用することです。

通常ポイント2%+期間固定Tポイント1%の計3%のポイントが付与されます。
注意が必要なのは期間固定TポイントはYahoo! JAPAN、LOHACO、GYAO!以外のサービスでは利用できず、有効期限もあります。

期間固定ポイントについては利用がYahoo!関連のサービスでの利用のみですが、ふるさと納税がYahoo!公金払いに対応している自治体の支払いにも利用できるので、思いのほか使い勝手は悪くないです。

【ヤフーカード】

年会費 ポイント
本カード 家族カード ETC 貯まるポイント ポイント還元率
無料 無料 500円 Tポイント 1%~3%

公式HPへ

選べる国際ブランド

クレジットカードの国際ブランドは以下の3種類から選ぶことができます。

・Visa

・MasterCard

・JCB

最も使い勝手がいいのはVisaなので、こだわりがなければVisaを選択するのが無難でしょう。
すでに持っているのあれば持っていない国際ブランドを選択してもいいでしょう。

またカードのデザインは赤と黒の二種類あり、どのブランドであってもどちらの色を選択することは可能です。
風水的に財布に赤いものを入れるとお金がたまらないという話を聞いたことがあるので、私は黒を選択しました。
これは自分の感性で選んで貰えばいいと思います。

ヤフーカードの付帯サービス

年会費無料でTポイントがお得に貯まるヤフーカードですが、以下のサービスも利用可能です。

ショッピングガード保険付帯

ヤフーカード会員がヤフーカードを利用して、保険期間中に購入した商品が購入日(配送等による場合には商品の到着日)より90日以内に、破損、盗難、火災などの偶然の事故により損害を被った場合に、所定の金額を補償します。

補償対象商品 商品価格が10,000円(税込)以上のもの
支払限度額 (※) 1,000,000円
免責金額
(自己負担額) (※)
3,000円
担保期間 購入日より90日間
対象となる利用 国内または海外でのヤフーカードによるショッピング利用

保証対象が1万円以上の商品で免責金額が3千円あるとはいえ、年会費無料のクレジットカードでショッピングガード保険が付帯されているのはかなり大きな特典です。

通常であればゴールドカードなどに付帯されているような保険ですからね。

ちなみに、月額490円(税抜)で18種類の保証がつく「プラチナ補償」というものもあります。

細かいところまで補償されるのですが、全て支払いがヤフーカードであった場合の利用付帯ですので、ヤフーカードをメインカードに据えて利用される方にオススメの補償です。

Apple Pay

iPhoneユーザーであればApple Payの設定が可能です。

ヤフーカードではQUICPay(クイックペイ)でになるので、QUICPay加盟店で利用が可能になります。

3Dセキュア対応

PayPay(ペイペイ)の不正利用で少し知名度が上がったのではないでしょうか?
セキュリティとして3Dセキュアの設定が可能です。

3Dセキュアについては以前記載した記事がありますのでご参照ください。

TSUTAYA会員証

ヤフーカードにはTポイントカードの機能がついていますので、こちらのカードをTSUTAYAの会員証にすることができます。
このカードをTSUTAYA会員証にすると入会金や更新料などがかかりません。
クレジットカード自体も年会費無料なので、なんの費用もかからず大変お得。

ただし、登録についてはTSUTAYAの店舗に行き、申込書の記入や本人確認資料を提示したりする手続きは取る必要がありますよ。

もしTSUTAYAのレンタルカードを他に持っているのであれば、こちらを会員証にすることで財布の中のカードを一枚リストラすることが可能ですね。

PayPay(ペイペイ)残高へのチャージ

スマホ決済(コード決済)のペイペイですが、利用する際の支払い用クレジットカードに設定可能なことはもちろん、PayPay(ペイペイ)の残高としてチャージをすることも可能です。
PayPay(ペイペイ)残高へのチャージは通常は銀行口座からのみで他のクレジットカードでは設定することができません。
しかし、ヤフーカードのみ設定が可能です。

PayPay(ペイペイ)の支払いをする際に残高を使い切りたい時には知っておきたい機能です。

ソフトバンクユーザー向け

ソフトバンクユーザーにもヤフーカードはオススメです。

その理由としては、ソフトバンクでは定期的に以下のようなTポイントが貯まるキャンペーンというものを実施しています。

ポイントは同じものに集約する方が高額の支払いにも対応できるので、使う際の使い勝手がよくなります。
ヤフーカードは貯まるポイントがTポイントですのでポイントの集中にはもってこいです。

【ヤフーカード】

公式HPへ

【2019年】ヤフーカード入会特典

ヤフーカードはポイントが付与される入会特典がありますが、現在は最大で1万円分のポイントがもらえ

 

 

 

ます。

ポイントは期間固定ポイントですが、ヤフー公金払いでふるさと納税でも利用可能です。
1万円分のポイントをそのままふるさと納税の支払いに利用するのがオススメ。

ヤフーカードはポイントサイトからの申し込みもあまりないので、公式HPからの申し込みが必要です。

公式HPへ

入会特典概要

入会特典(4,000ポイント)

利用特典(最大6,000ポイント)

最大10,000ポイント(期間固定Tポイント)が付与されます。

入会特典詳細

入会特典ポイント

対象条件

ヤフーカードをお申し込み、入会した方

特典内容

4,000ポイント(期間固定Tポイント)
※有効期限は申込月含む5カ月目の15日
※期間固定Tポイントについては、Yahoo! JAPAN、LOHACO、GYAO! での利用のみ。

ポイント付与時期

審査終了後にすぐに付与

利用特典ポイント

対象条件

申込月含む2カ月目の末日までに、ヤフーカードでカードショッピングをご利用された方

特典内容

1回の利用につき2,000ポイント、3回の利用で最大6,000ポイント(期間固定Tポイント)

※有効期限は申込月含む5カ月目の15日
※期間固定Tポイントについては、Yahoo! JAPAN、LOHACO、GYAO! での利用のみ。

ポイント付与時期

入会と同時に仮ポイント(その時点は利用不可)で付与されます。
利用明細に利用履歴として反映された5日後頃、利用可能になります。

公式HPへ

ヤフーカードのメリット・デメリットまとめ

メリット

ヤフーカードでの大きなメリットとしては以下の通り。

・年会費無料
・ポイント還元率1%~3%
・ショッピングガード保険付帯
・Tポイント機能
・PayPay(ペイペイ)残高チャージ可能

やはり年会費がかからずにTポイントが1%~3%貯まると言うところが大きなメリットです。

その他にもヤフーカードならではのPayPay(ペイペイ)残高へのチャージが可能といった部分は他のカードにはない唯一無二のクレジットカードです。

デメリット

あまり大きな欠点はないですが、あえてデメリットをあげるとすれば以下のような内容です。

・海外旅行保険の付帯がない

年会費無料なのでそこまで望んでは・・・といったところですが、海外旅行に行く場合にはこのクレジットカード一枚では済ますことはできません。
海外旅行に行く場合には他に海外旅行保険が付帯されているクレジットカードを持った方がいいです。

 

メリットとデメリットを比較してもメリットの方が多いクレジットカードです。
また個人的な趣味の問題ですが、わたし的にはマットな黒の券面がなかなかカッコよいので、Tポイントカードとして出したとしても恥ずかしくないデザインです。

年会費無料というところで、保有しても大きなデメリットはないので持っておいて損はないカードです。

 

【ヤフーカード】

公式HPへ

 

 

 

5 Comments

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です