どう変わる?PayPay(ペイペイ)が本人認証サービス(3Dセキュア)に対応

悪用が多発したことにより世間を騒がせたPayPay(ペイペイ)ですが、2018年末に告知された通り本人認証サービス(以下、3Dセキュア)に対応しました。
※2019年1月21日〜

3Dセキュアとは事前にクレジットカード会社に登録したパスワードなどを入力することで、本人かどうかの認証を行い、クレジットカードの不正利用やなりすまし利用を防ぐ仕組みです。
以前記載した記事がありますので↓ご参考にどうぞ。

今回のPayPay(ペイペイ)による3Dセキュア導入によって、3Dセキュアの登録有無によって利用金額やサービスに違いが出てきます。

スポンサーリンク

PayPay(ペイペイ)での3Dセキュア設定方法

PayPay(ペイペイ)による3Dセキュアを利用するためには二つのステップが必要です。
※アプリのアップデートはして、最新バージョンにしておくこと

1.クレジットカード会社での3Dセキュアの設定

クレジットカード会社によって設定方法が異なります。
以前紹介した記事に 主要なカード会社の登録方法を記載したので参考にしてください。

また手持ちのクレジットカード会社のHPを確認すれば、設定方法が出ているはずです。

2.PayPay(ペイペイ)アプリでの本人認証手続き

PayPay(ペイペイ)アプリにて3Dセキュアの認証手続きを行います。
手順は以下の通り。
※すでにクレジットカードの設定している方向け

①アプリの基本画面の左上をタップ
②「支払い方法の管理」をタップ

③設定されているカードの一覧が出てきますが、現在は「本人認証していません」が表示されていると思います。
「本人認証していません」をタップします。
④「本人認証を設定する」を選択。

⑤3Dセキュアの画面に切り替わりますので、パスワードを入力します。
この時に入力するのはカードの暗証番号でなく。3Dセキュアのパスワードなので注意。
⑥認証が完了するとカードの表示が「本人認証済」となるので完了。

ちなみに、プリペイドカード「Kyash」のように3Dセキュア未対応カードで3Dセキュアを登録しようとすると、以下のような画面になり登録ができません。

PayPay(ペイペイ)での利用限度額の変更

2018年1月21日にPayPay(ペイペイ)にて3Dセキュア導入したことで、3Dセキュアの設定有無によってPayPay(ペイペイ)のクレジットカードでの利用限度額が変更になります。

3Dセキュア未認証カード

・2万円(過去24時間)
・5万円(過去30日間)

3Dセキュア未認証ですと、過去に設定された上限金額のままで24時間で2万円かつ30日間の合計金額が5万円までしか利用できません。
これは複数カードを設定していても、すべての合計金額です。

例えば先にあげた「Kyash」については登録自体は可能ですが、上限金額は上記の通りになってしまいます。

(2019.2.5追記)
2019年2月4日より未承認カードは以下の限度に変わります。

3Dセキュア認証済カード

・25万円(30日間)

3Dセキュア認証済カードですと、24時間の利用制限は撤廃され、30日間の合計金額のみの設定となります。
かつ金額も、5万円から25万へと引き上げられます。
この金額は複数のカードを設定していたとしたら、すべてのカードの合計金額です。

(2019.2.5追記)
2019年2月4日より承認済カードは以下の限度に変わります。

またYahoo! JAPANカードにおいてのみPayPay(ペイペイ)残高へのチャージが可能ですが、今後は3Dセキュアの認証を行わないとチャージができなくなります。
当然ながらチャージできる唯一のカードであるYahoo! JAPANカードは3Dセキュア対応です。

【Yahoo! JAPANカード】

公式HPへ

認証をしていないと以下のようにチャージができません。

3Dセキュアの認証を行えば、チャージ金額は30日間で25万円が可能になります。
※クレジットカード利用と共通枠です。

PayPay(ペイペイ)での3Dセキュア導入まとめ

2018年末には3Dセキュアの導入が告知されてから、1ヶ月経たない間での導入となりました。

PayPay(ペイペイ)についてはスマホ決済(コード決済)として20%還元でかなり盛り上がり、その後の悪用被害の発生でも悪目立ちしてしまいました。

実際にはPayPay(ペイペイ)を利用したことで悪用されたというより、悪用者が他で入手したクレジットカード情報をPayPay(ペイペイ)を利用して悪用したというものでした。
ただしそのような環境にしておくのは、良いわけがなく本人認証の強化を行ったということでしょう。

悪用が増えたことで印象が悪くなってしまったと思いますが、導入を決めてから悪用被害発生から1ヶ月程度での導入というスピード感はさすがだと思います。

実際に信頼できるアプリになるかどうかはまだこれからですが、セキュリティ向上の第一歩としては歓迎すべき内容かと思います。

 

 

 

2 Comments

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です