【活用例紹介】セゾンマイルクラブで全ての利用をJALマイルに集約(SAISON MILE CLUB)

JALマイルが貯まるカードとしてまず一番に名前が上がるのはJALカードだと思います。
しかし通常の利用でのJALカード以上に、JALマイルが貯まるサービスがクレディセゾン発行の一部カードに提供されています。

それは、「SAISON MILE CLUB」(セゾンマイルクラブ)です。

対象カードは限られるものの、セゾンカードでのショッピング利用で通常は永久不滅ポイントが貯まるところ、自動的にJALマイルへと移行されるサービスです。

サービス内容について、隅々まで記載していきます。
結構細かく書いたので、すっ飛ばして実際の使用方法例についてはこちらをどうぞ。

スポンサーリンク

SAISON MILE CLUB(セゾンマイルクラブ)とは?【サービス概要】

クレディセゾン発行の以下の「対象カード」について、個別にSAISON MILE CLUB(セゾンマイルクラブ)に申し込みをすると1,000円のショッピング利用につき10マイルが貯まるもの。

また1,000円につき10マイルの取得とは別に、優遇ポイントとして永久不滅ポイントが2,000円で1ポイント貯まるという追加得点もあります。

対象カード

①セゾンゴールド・アメリカン・エキスプレス・カード
②セゾンプラチナ・アメリカン・エキスプレス・カード
③セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカンエキスプレス・カード
④CPAセゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カード
⑤全弁協セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カード

一般の申し込みができるカードとしては①と③のセゾンゴールドとセゾンプラチナ・ビジネスの2券種です。

②のセゾンプラチナは①のセゾンゴールドを利用してのインビテーションか、切り替え依頼によって申し込みが可能。
ちょっと見慣れないCPAは公認会計士、全弁協は弁護士向けと一般人では申し込みができないカードです。

そのほかにも、セブンCSカードサービスから発行されているクラブオンやミレニアムのゴールドカードも申し込みが可能だと考えられます。
もしもお持ちの方はインフォメーションセンターに問い合わせをしてみてください。

年会費

4,000円(税抜)

基本の年会費は上記の通りですが、プラチナ券種については年会費無料となります。

つまり年会費がかかるのは、上記の対象カードでいうと①のセゾンゴールド・アメリカン・エキスプレス・カードのみです。

またSAISON MILE CLUB(セゾンマイルクラブ)は、1年での自動更新となっており、年会費については途中で解約しても返金はありません。

AMEX優遇ポイント

SAISON MILE CLUB(セゾンマイルクラブ)に加入すると、ショッピング利用分はJALマイルへの自動移行です。
加えてAMEXブランドの優遇として、ショッピング利用2,000円につき永久不滅ポイントが1ポイント付与されます。

セゾンマイルクラブのJALマイル移行について

JALマイル移行内容

月間のショッピング利用金額1,000円につき10マイルが自動的にJALマイルへ移行。
ただし利用金額の1,000円未満については切り捨てで、加算されません。

JALマイル移行の集計期間はN月11日〜N+1月10日の1ヶ月間で請求が確定した金額が、N+1月の中旬以降に自動的に移行されます。
私のJALのHPからマイルの毎月の獲得履歴を確認すると、17日が反映日です。
多少ずれることがあるかもしれないので、加算時期としては毎月20日前後というところでしょうか。

ポイント移行の注意点

SAISON MILE CLUB(セゾンマイルクラブ)でのマイル以降については、以下に注意してください。

・上限額

JALマイルに移行される年間の上限は150,000マイル迄。
ショッピング利用金額にすると1,500万円となりますので、一般の方であればほぼ超えることはないと考えられます。
ただし事業用の決済などに利用している方については、注意が必要でしょう。

ちなみに1,500万円を超えた分については、次年度の更新まではJALマイルへの移行が止まり、それ以降は永久不滅ポイントが貯まります。
また2,000円利用につき永久不滅ポイントが1ポイント貯まるAMEX優遇ポイントは継続です。

・セゾンポイントモールでの利用分

セゾンポイントモールを経由して買い物をした時のマイルの付き方は、1倍分がJALマイルとなり、残りが永久不滅ポイントとして貯まります。

例えば、10倍ポイントのお店で1,000円の買い物をした場合には、10マイルと永久不滅ポイントが9ポイント貯まる計算。
この点は少しがっかりですが、マイルが10倍とはなりません。

・キャンペーンでの利用分

クレディセゾンが実施する「永久不滅ポイントプレゼント」といった施策はポイント付与対象となります。
しかし「◯◯で利用するとポイント△倍」などのキャンペーンは、対象外となる可能性が高いです。

キャンペーンを期待しないで普通に使う分にはいいですが、これらのキャンペーンはセゾンポイントモールとは違いJALマイル移行分以外のポイントが付与されると期待しないほうが良いでしょう。

・他のセゾン・UCカードでの利用分

SAISON MILE CLUB(セゾンマイルクラブ)に加入すると、紐付けされている全てのクレジットカードの利用分は全てJALマイルに移行されます。
これについてはクレディセゾン発行のUCカードの分も同様です。
ご自身のカードがクレディセゾン発行かどうかはクレジットカードの裏面を確認し、「クレディセゾン」と表記があればクレディセゾン発行です。

また紐付けされたカードが、AMEXブランド以外であった場合にはAMEX優遇ポイントの付与はありません。
逆に紐付けされたカードもAMEXブランドであれば優遇ポイントの対象です。

これを活用すると、例えばセゾンプラチナ・ビジネス・アメリカンエキスプレス・カードの家族カードは3,000円の年会費がかかりますが、セゾンパール・アメリカンエキスプレス・カード(年1回の利用で年会費無料)は家族カード無料です。
年会費無料、かつ利用分はJALマイルへと移行され、AMEX優遇ポイントもいただけます。

ただし紐付けされているカードでも、UAマイレージカードなどJALマイルに移行されてないカードもあり、注意は必要。

・マイル移行対象外の利用

永久不滅ポイントの付与対象外の利用についてはJALマイル移行対象外。
一例でいうと、以下の利用分については利用をしたとしてもJALマイル移行の対象外となります。
※この他にも対象外となるものがある可能性あり

・年会費
・カード再発行手数料
・ATM手数料
・おさいふPontaへのクレジットチャ-ジ
・ココカラクラブカ-ドへのクレジットチャ-ジ
・楽天Edyへのチャージ
・nanacoへのチャージ

Suicaは?と思うかもしれませんが、Suicaのチャージについては永久不滅ポイント付与対象となるので、同じくJALマイル移行対象となります。クレジットカード会社各社がSuicaチャージ分はポイント対象外としている中、これは嬉しいポイントです。

スポンサーリンク

セゾンマイルクラブの手続き(申込・変更・解約)

申し込み

SAISON MILE CLUB(セゾンマイルクラブ)の申し込みは、セゾン→JAL→セゾンとデータのやり取りが発生するため、申し込みから登録までに1ヶ月はかかります。
クレジットカードに入会してすぐに申し込みをしても移行の登録が間に合わないと初回の請求はJALマイルに移行がされず、永久不滅ポイントが貯まる可能性があります。

・郵送での申し込み

申し込み方法は3通りあり、まずは郵送。
申込書はクレジットカード裏面にあるインフォメーションセンターに問い合わせをして送ってもらえます。
ただし電話で取り寄せをして、郵送されるのを待ち、さらに返送が必要なため時間がかかります。

・対面での申し込み

もし近くに「セゾンカウンター」があれば、そちらで申し込み書に記入をしての申し込みも可能。
※「セゾンカウンター」についてはどこにあるのかはこちらから検索が可能。

・NETでの申し込み

最後にクレディセゾンのHPからNETで申し込みをする方法。
この方法が一番早く申し込みができますのでお勧めです。
※申し込みはこちらから

申し込み時には、「氏名」「性別」「生年月日」「住所」「電話番号」「英字氏名」「クレジットカード番号」「JALお得意様番号※」「メールアドレス」が必要。

このうち、JALお得意様番号についてはすでにJALマイレージメンバーであれば既存の番号を記入または入力が必要で、未加入であれば新規でカード番号が採番されます。
JALへは上記の入力した内容で登録がされます。
またJALの日本地区会員が対象ですので、JALの海外地区会員は登録不可。

登録が完了すると登録の自宅宛に登録完了のお知らせが届きます。
お知らせには「JALお得意様番号」「登録のカード番号」「有効期限」「年会費請求月」が記載されています。

諸手続き

・住所変更等の諸手続き

住所や名義の変更については、クレジットカード裏面のインフォメーションセンターの番号に電話をして登録の変更をお願いしましょう。
また別途JALに対しても、同様に変更の連絡が必要です。

・対象クレジットカードの変更

SAISON MILE CLUB(セゾンマイルクラブ)に加入ができるカードを、複数もっている場合にはどのカードで登録をするか変更をすることができます。
例えば、セゾンゴールド・アメリカン・エキスプレス・カードで加入していたものを後日セゾンプラチナ・ビジネス・エキスプレス・カードに入会したとして対象のクレジットカードを変更するとが可能です。
※ゴールドで年会費を払っていたものをプラチナに変えたとしても年会費は戻ってきません

またセゾンゴールド・アメリカン・エキスプレス・カードから、インビテーションでセゾンプラチナ・アメリカン・エキスプレス・カードに切り替えをした場合にはクレジットカード番号の変更はなく、特に手続きは不要。
※念の為に切り替え前後のカード番号が同一のものか確認をしてください

・解約

まずは対象のクレジットカードを解約した場合には、当然ながらSAISON MILE CLUB(セゾンマイルクラブ)も解約となります。
そのほかにSAISON MILE CLUB(セゾンマイルクラブ)のみを解約したい場合には、クレジットカード裏面のインフォメーションセンターに連絡をすれば解約の手続きが可能。
更新のタイミングで解約をする場合には、完了通知の有効期限月20日までに連絡をしないと自動更新となってしまいますので注意が必要です。

解約については即座に解約するのと、SAISON MILE CLUB(セゾンマイルクラブ)の年会費が発生する更新の前のタイミングで解約予約する二通りを選択することができます。
即時での解約について、はいつの利用分までがJALマイルに移行するかは連絡したタイミングで異なりますので、その時点で確認をすれば教えてくれるでしょう。
また更新前のタイミングでの解約予約をして解約しても、解約月の翌月までJALマイルの移行がされます。
(例)12月末までの有効期限解約→1月20日前後のJALマイル加算で最後

【参考】
更新月の前月に更新のお知らせが届きます。

年会費は有効期限月の3ヶ月後の引き落としです。

セゾンマイルクラブの実際活用例

私も実際にセゾンマイルクラブを利用しているので、実際の使用例についてご紹介したいと思います。

カードラインナップ

・セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスレス・カード
・三井ショッピングパークカード《セゾン》L O O P ゴールド
・SEIBU PRINCE CLUBカード セゾン

まずはセゾンプラチナ・ビジネスにてセゾンマイルクラブに加入(年会費無料)。

その上で、マンションの管理費は「三井ショッピングパークカード《セゾン》L O O P ゴールド」での決済です。
毎月4万円弱ですが、その分も漏らさずにJALマイルに加算されます。
さらにららぽーとでは、三井ショッピングパークカードとして利用していますので、JALマイルと三井ショッピングパークポイント(100円で2ポイント)の両方獲得です。

またプリンスホテルなど、プリンスポイント加盟店を利用する際には「SEIBU PRINCE CLUBカード セゾン」を利用。
こちらもJALマイルとは別にプリンスポイント(108円で1ポイント)が貯まります。

クレディセゾンは提携カードが多いので、それらの提携カードを複数持ち、それぞれの加盟店を使い分けることでJALマイルとそれぞれの提携ポイントの二重取りが可能です。

ちなみに複数カードの利用金額は、どのようにJALマイルに移行されるというと、全てのカードの合計額(1,000円未満切り捨て)がJALマイルへと移行されます。

例えば、以下のような利用の場合には、貯まるのは380マイルです。
Aカード:25,500円
Bカード:12,600円
合計:38,100円
個別に計算すると250マイルと120マイルの合計370マイルですが、紐付けされたカードの利用金額が合計された金額でJALマイルへと移行されます。

ちなみに二つのカードがアメックスブランドであった場合には、AMEX優遇ポイント対象となりますが、このポイントは合計金額ではありません。
それぞれのカードの利用金額で算出されますので、25,500円は12ポイント、12,600円は6ポイントで合計18ポイントとなります。
こちらについては合計金額38,100円で算出する19ポイントではありません。

おそらく、JALに移行する際にはまとめてデータをJALに送信するために合算金額、AMEX優遇ポイントはクレディセゾン社内で完結するのでカード毎の算出となっているのでしょう。

セゾンマイルクラブのまとめ

SAISON MILE CLUB(セゾンマイルクラブ)についてはAMEX優遇ポイントがあることで、JALカード以上にマイルの貯まる仕組みになっています。

永久不滅ポイントは1ポイントで2.5マイルに移行が可能です。日本代表の試合に勝つとマイル交換率が1.2倍になる施策もあり、それを利用すると1ポイント3マイルです。
つまり2,000円の利用で、セゾンマイルクラブ分の20マイルとAMEX優遇ポイント1ポイント(2.5〜3マイル)で合計22.5〜23マイルが貯まる計算となります。
還元率で言えば1.125%〜1.15%ですね。

JALカードでも特約店のいかんによって、還元率はこれ以上になることもありますが、JALマイルをコンスタントに1.125%の還元率で貯めることができるのは大きなメリットです。

また紐付けされたクレディセゾン発行のクレジットカードの利用分全てがJALマイルになるので、三井ショッピングパークカードをららぽーとなど三井のポイントが貯まる施設での利用がおすすめです。
そうすることでJALマイルと三井のポイント(2%分)が貯まる利用が可能となります。

対象のクレジットカードが限られてしまいますが、一番年会費を浮かせる為にはセゾンプラチナ・ビジネス・アメリカンエキスプレス・カードを年間200万以上利用して、年会費を半額の1万円(税抜)にすることでしょう。
プラチナ・ビジネスであればSAISON MILE CLUB(セゾンマイルクラブ)の年会費は無料となりますので、必要なのはカード年会費のみです。
ゴールドカードにしてしまうとカードの年会費10,000円(税抜)に加えて、SAISON MILE CLUB(セゾンマイルクラブ)の年会費4,000円(税抜)がかかるので、むしろプラチナ・ビジネスの年会費よりも高額になってします。

いずれにせよJALマイルを貯めるのであれば、SAISON MILE CLUB(セゾンマイルクラブ)かなり有力な選択肢の一つとなるでしょうし、実施に利用している身としてもお勧めのサービスです。

スポンサーリンク

5 Comments

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です