【ビックカメラ参戦】LINE Pay(ラインペイ)のPayトクキャンペーン(20%還元)で使える店

PayPay(ペイペイ)の100億円キャンペーンが終了してから、LINEPay(ラインペイ)が攻勢をかけてきましたね。

LINEPayの説明はこちら↓

今回のキャンペーンではLINE Pay(ラインペイ)を利用した場合に20%相当が還元されるお得感満載のキャンペーン。
ただし、使える店や金額については少し制限がありますので注意が必要です。

スポンサーリンク

LINEPay(ラインペイ)残高20%バックキャンペーンとは

キャンペーン内容

以下の期間中にLINE Pay(ラインペイ)にて対象の店舗やサービスで支払いをすると、支払い金額の20%(最大5,000円相当)がLINE Pay残高として還元されます。

注意してください、還元されるのはLINE Pay残高です。LINEポイントではないのです。
また、LINE Pay残高は、2019年2月中に支払いした本人のLINE Payアカウントに付与予定。付与はちょっと先のようですね。
そして、あまり考えにくいですが残高付与までにLINEを解約したら当然、残高には付与はされません。

キャンペーン期間

1214日(金)0:001231日(月)23:59
たまたまなのかもしれませんが、PayPay(ペイペイ)の100億円キャンペーンの残高がなくなってからのLINE Payトクキャンペーンですね。終わるのを見計らっていたのでしょうか^^
いづれにせよ年内のコード決済はPayPay(ペイペイ)からLINE Pay(ラインペイ)に乗り換えですね。

PayPay(ペイペイ)のキャンペーンとは違い、LINE Pay(ラインペイ)のPayトクキャンペーンは100億円などの金額の上限はありません。2018年最後の半月はきちんと還元してくれるでしょう。

残高還元対象店舗

還元対象の店舗・サービスを、LINE Payのコード支払いやオンラインでお支払いした方、税金を除く請求書支払いいただいた方全員が対象となります。

LINE Pay カードまたはLINE Payに登録したクレジットカード、Google Pay™QUICPay)でのお支払い時には適用されませんのでご注意。

主な対象店舗(使えるお店)

◯実店舗

(2018.12.20追記)
【朗報】2018年12月21日からビックカメラ、コジマ、ソフマップでも取り扱いが開始されます!!

・ビックカメラ
・コジマ
・ソフマップ
・ローソン
・ファミマ
LOFT
・阪急百貨店
・阪神百貨店
・上新電機
・白木屋
・魚民
・和民
・アクアシティ
アクアシティはお台場のショッピングモールですのでこの中での買い物が対象になるのはいいかもしれない。
また家電量販店は上新電機のみですね。還元の上限は5,000円なので、30,000円くらいまでのものであればいいかもしれないですけどあまり高額な商品を購入しても還元りつは下がってします。
2018年12月21日からビックカメラ・コジマ・ソフマップでも利用可能に!!

◯オンライン
ZOZOタウン
honto
ここではZOZOタウンが使える感じでしょうか。
妻が早速コート購入の検討するために検索をしておりました^^

◯請求書払い
・九州電力
・東京電力

対象外店舗(使えないお店)

・ツルハドラッグ
・くすりの福太郎
・ドラッグストアウェルネス
・ウォンツ
・くすりのレディ
・ココカラファイン
・サンドラッグ
DrugTops
・サンドラッグファーマシーズ
・大賀薬局グループ
・新生堂薬局
・ゲンキー
・ウエルシア薬局
LINEほけん
その他、お酒・タバコ・書籍などの一部商品、処方箋が必要となる一部店舗、役所・役場、神社仏閣、介護施設などはキャンペーン対象外となる場合あり。

つまりはドラックストアは全滅というところでしょうか。こちらは化粧品なんかの換金対策というところかもしれません。

先日、スタバで今後LINE Payが使えるようになるというニュースもありましたが、それはまだ先で今回のキャンペーンには全然間に合いません。

LINE Pay(ラインペイ)をファミマにて早速使ってみる

私自身、キャンペーン開始後にLINE Pay(ラインペイ)を最初に使ったのはファミリーマートです。

まず、ファミマでコード払いをする前提として残高をチャージしておく必要があります。
ファミマでのコード払いは、ラインの右下にある「ウォレット」から「コード払い」を選択。

パスワード入力画面が開くのでパスワードを入力。
FaceIDを使いたい時にはFaceIDを使用を押して、パスワードを入力すると次回から使えます。

コードが表示されるので店員さんに読み込んでもらい終了

PayPayなどの他のコード払いと変わらないです。

最後に決済の詳細をみてみると、216円に対して7Pとあります。

現在のLINE Payはマイカラーの還元率に+3%を行なっています。
私はホワイト(0.5%)なので3.5%の還元率。
216円×3.5%≒7Pですね。

通常の利用は現在は最低でも3.5%分がポイントとして付与され、今回のキャンペーンはこれとは別に20%相当が残高に加算されるもの。
加算予定は2019年2月、やはりすぐに画面上で確認はできませんでした。

そして、LINE Payはチャージして使う方式です。他のコード決済はクレジットカードや銀行口座から即時で売り上げが上がるので、セキュリティ面ではいいのですが利便性の面では一手間かかりますが、何度か使うと慣れてくるものです。感覚としては現金を下ろしてお財布に入れておく、それを使っている感じと似ています。

LINE Pay(ラインペイ)は安全なのか

PayPay(ペイペイ)については悪用が多いとの投稿が増えていますね。PayPay側での情報漏洩ということではなく、盗まれたクレジットカード情報をPayPayという仕組みを使って悪用をしているという内容です。

LINEPay(ラインペイ)については利便性には劣るものの、クレジットカードを紐づけての支払いというものができません。支払いをするには銀行口座やコンビニでのチャージが必要になります。その為、PayPayで起きたような悪用のされ方はしません。

また、LINEPay(ラインペイ)は国際的なセキュリティ認証(PCI DSSやISO/IEC 27001)を取得してるので信頼性については高いです。アプリの利用もPayPay利用する際に認証はありませんが、LINE Payはアプリを使用する度にパスワードや生体認証が必要になるので、会社としてのセキュリティの考え方は高く安心して利用していいと考えられます。

LINEPay(ラインペイ)残高20%バックキャンペーンの今後

LINEPay(ラインペイ)の使用感については特に他のコード決済と変わらずといったところで、PayPay(ペイペイ)のおかげか店員さんがコード決済に対してかなり慣れておりスムーズでした。
ただ、LINEPayはクレジットカードの紐付けができないので残高をつどチャージしておかないとならないのは少し面倒かも。セキュリティ面では安心なところもありますが。

また、PayPay(ペイペイ)に対抗してきたと思われる今回の20%バックキャンペーンは一回の還元額の上限が5,000円と少し規模としては小ぶりなのかなと思います。
しかし、PayPay(ペイペイ)のキャンーペーンが終わってしまった後に、コード決済が忘れ去られない為にもキャンペーンを実施してくれたことの意義は大きいと思います。
私もLINEPayを使用するいいきっかけになりましたし。

キャンペーンの内容としては薬局が対象外で、家電量販店は上新電機のみ上新電機に加えてビックカメラ・コジマ・ソフマップ。コンビニで使えるところはファミマやローソンです。急遽ビックカメラグループが参戦したのは朗報です。
あとは個人的には近くに阪急百貨店がありますので、年始のお年賀の買い出しを年内のうちに行なっておこうかというところでしょうか。

気をつけなくてはならないのは20%の還元はLINEポイントではなく残高への還元です。
なのでANAマイルへの交換はできず、買い物での利用をすることになりますね。
ちなみに、LINEショッピングのキャンペーンはLINEポイントでしたのでキャンペーンによって何が還元されるのかの管理が必要です。

最後に、LINE Payは使える店の検索が地図でできる機能がないのでそれがあるといいのですけどね。LINE Payは個人の店舗にはあまり営業はかけてなさそうだからいらないのかな。

スポンサーリンク

2 Comments

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です