PayPay(ペイペイ)にはヤフーカードが本当におすすめなのか

PayPay(ペイペイ)での支払いについては、銀行口座かクレジットカードでチャージが可能ですし、クレジットカードでの支払いも可能です。

クレジットカードの設定についてヤフーカードとその他のカードでの違いについて、勘違いしている記述も見受けられますので簡単に整理します。

スポンサーリンク

PayPay(ペイペイ)に設定できるクレジットカードは?

PayPay(ペイペイ)の支払いパターン

まずはPayPay(ペイペイ)の支払いは以下の通りのパターンがあります。

①PayPay残高からの支払い
②Yahoo!マネーからの支払い
③クレジットカードからの支払い

①のPayPay残高からの支払いですが、PayPay残高へのチャージは銀行口座からの入金かクレジットカードはヤフーカードのみでチャージできます。

ここが勘違いさせるポイントかもしれません。
PayPay残高へのチャージに使えるクレジットカードがヤフーカードのみです
チャージは1円単位で行えますので、残高の調整にも使えます。
※ただし本人認証(3Dセキュア)対応は必要

③のクレジットカードからの支払いについてはVISAとMasterCardであればどこの発行会社のカードでも設定ができます
つまり、クレジットカードの設定はヤフーカードのみでなく、どのカードでも利用可能です。

PayPay残高で支払う際の注意点

PayPay残高で支払いをする場合には購入金額以上にPayPay残高ないと支払いができません。
残高が不足している場合は、以下の他の支払い方法を選択する必要があります。

・Yahoo!マネー
・クレジットカード

PayPay残高があったとしても、不足分を優先順位の次の決済手段で決済するのではなく、足りなけれ利用ができません。
その際には違う決済手段を指定する必要があります。

残高については計画的に使わないとなかなか消費できないかもしれません。

ちなみにPayPayで他人とPayPay残高をやりとりするのであればチャージをする必要があります。
しかしチャージができるのは、銀行口座からのチャージかヤフーカードのみです。

PayPay(ペイペイ)に設定するおすすめのクレジットカードは

日常的にヤフーカードをメインにしているのであれば、PayPay(ペイペイ)への設定は当然ながらヤフーカードをおすすめします。

またヤフーカード以外をメインカードに利用している方でも、PayPay(ペイペイ)残高へのチャージができるクレジットカードとしてヤフーカードは一枚は持つことをお勧めします。
銀行口座からではチャージによるポイントは付きませんが、ヤフーカードだと100円で1ポイント(Tポイント)がたまりますからね。

【ヤフーカード】

公式HPへ

普段利用しているメインのクレジットカードがVISAかMasterCardブランドであれば、そのカードをPayPay(ペイペイ)の支払いに設定するのが良いでしょう。
特に決済を集中しているカードがないのであれば、ヤフーカードを設定しておけば問題ないでしょう。

あくまでも現在利用しているものを設定するのが一番です。

ただし複数のクレジットカードの登録は可能なので、PayPay(ペイペイ)残高へのチャージ用にヤフーカードは一つ設定しておいたほうがいいでしょう。
PayPay(ペイペイ)残高は他のポイントに交換はできず買い物のみで利用するしかですから。

(2019.2.5追記)
2019年2月12日開始予定のPayPay(ペイペイ)100億円キャンペーンではヤフーカードだとよりいっそ優遇がされる仕様になっています。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です