ファミマでQRコード(バーコード)のおすすめは何?

急速に拡大し始めているQRコード/バーコード決済ですが、コンビニで9月のローソンに始まって、ファミリーマート(ファミマ)でも取り扱いが開始されます。

スポンサーリンク

ファミマで開始される決済手段

11月から順次拡大されるバーコード決済は以下の6種類

「d払い」

「LINE Pay」

「PayPay」

「楽天ペイ(アプリ決済)」

「Alipay(支付宝)」

「WeChat Pay(微信支付)」

大手という感じですね・・・。私の好きな「OrigamiPay(オリガミペイ)」は取り扱いなしです・・・。
「Alipay(支付宝)」「WeChat Pay(微信支付)」についてはやはり中国人の利用促進という意味からも取り扱う必要があるのでしょうね。

開始時期

「d払い®」「LINE Pay」「PayPay」「楽天ペイ(アプリ決済)」
一部店舗は11月から順次拡大
全国の店舗は12月4日から開始です。

「Alipay(支付宝)」「WeChat Pay(微信支付)」
2019年1月下旬から開始予定です。
中国の春節(2月2日〜10日)に間に合うようにこの時期がマストのようです。

支払い方法別のメリット

「Alipay(支付宝)」「WeChat Pay(微信支付)」については日本人向けのサービスではないので除外します。

「d払い」

d払いについては、支払いで200円につきdポイント1ポイントが貯まりますので、還元率は0.5%。
これにクレジット払いでの還元率が1%だと仮定。
d払いにすることで還元率は1.5%となります。

さらに、ファミマはTポイントが貯まりますので、追加で0.5%(200円〜)が最低でもつきますので、トータルでは以下の通り。

d払い(0.5%)+クレジットカード(1%)+Tポイント(0.5%)=2%〜
クレジットカードとTポイントの還元率は人によって変わってきますので、最終的な還元率は上下すると考えられます。

他の支払い方法でも同様ですが、ここで注意が必要なのは、ファミマはJALカードの特約店です。JALマイルを貯める人にとっては、最終的な還元率で言ってもJALカードが優れているので、d払いの併用はお勧めしません。d払いにJALカードを設定しても特約店での利用だと認識はしないでしょう。
ただし、サービス開始当初はポイント10倍などのキャンペーンをはるでしょうから、その場合にはd払いを使ってもいいかもしれません。ただし、基本的にキャンペーンポイントは期間・使用用途限定ですのでJALマイルへの交換などはできませんので要注意。

「LINE Pay」

LINE Payはランクによって還元率が変わりますので、ランクによりけりです。
※貯まるポイントはLINEポイント

ランク分けは以下の通り。

・グリーン:還元率2%
・ブルー:還元率1%
・レッド:還元率0.8%
・ホワイト:還元率0.5%

こちらにTポイントは加算できるはずなので、

LINE Pay(0.5%~2%)+Tポイント(0.5%)=1%~2.5%(

ランクが高ければ使うメリットはありますし、ランクを上げる為の決済額の為使うのはありかと思います。
しかし、ブルー以下の還元率でいえばクレジットカードでも得られる還元率ではあるので、さほどお勧めする手段ではないと考えています。
あくまでもすでにLINE Payを使っている方、さらに今後LINE Payを中心に使おうとしている方向けという感じではないでしょうか。

ただし、2019年7月まではLINE Payのコード決済(QR/バーコード決済)利用時には還元ポイントが3%上乗せされます。上記の例で言えばホワイトでも4%の還元率となります。
ANAマイルを貯めるのであれば、LINEポイントはソラチカルートで1ポイント0.81の比率で交換可能。またTポイントも1ポイント0.5の比率での交換が可能ですので、来年7月までであれば最低でも利用額の3.085%の高還元率となります。

注意点としてはLINE Payのチャージにクレジットカードは利用できないので、あくまでもLINE Payでのポイントに依存します。

「PayPay」

PayPayについては利用額の0.5%のPayPayポーナスがたまります。d払いと同じように以下のような組み合わせになります。

PayPayボーナス(0.5%)+クレジットカード(1%)+Tポイント(0.5%)=2%〜

クレジットカードとTポイントの還元率は人によって変わってきますので、最終的な還元率は上下すると考えられます。
PayPayはリリースしたばかりでキャンペーン情報などがほとんどありません。しかし、バックにいるのはYahooJapanとソフトバンクです。今後のキャンペーンに期待しましょう!!

「楽天ペイ(アプリ決済)」

PayPayについては利用額の0.5%のPayPayポーナスがたまります。d払いと同じように以下のような組み合わせになります。

楽天ペイ(0.5%)+クレジットカード(1%)+Tポイント(0.5%)=2%〜

同じくクレジットカードとTポイントの還元率は人によって変わってきますので、最終的な還元率は上下すると考えられます。
楽天ペイもキャンペーンなどは行なっていますが、あまりお得感を感じるものはないですね。いつもやや渋め。

スポンサーリンク

まとめ

まず、ANAマイルを貯めるのであれば、期間限定(〜2019年7月)ではあるものの、LINE Payでしょう。ただ、3%上乗せのキャンペーン期間が終わってしまえばLINE Payではなく、普通にANAカードを「d払い」「PayPay」「楽天ペイ(アプリ決済)」のいづれかに設定して使う方がお得です。

「d払い」「PayPay」「楽天ペイ(アプリ決済)」についてはどれも基本は200円で1ポイントに加えてクレジットカードのポイント、Tポイントと還元率は変わりません。つまり、自分が貯めるにはdポイントなのか、PayPayのボーナスポイントなのか、楽天ポイントなのかいずれかを貯めているかによって使う手段を決めれば良いでしょう。

そして、既に記載しましたが、JALマイルを貯めている方については、ファミマはJALカードの特約店である為、JALカード+Tポイントが一番還元率が優れています。バーコード決済は選ばない方が良いでしょう。

そして最後に・・・アプリでバーコードで支払い、Tポイントもアプリで定時する場合にはアプリの切り替えが面倒なので、Tポイントはカード型の方が今は使いやすいです。そのうち、アプリ内で連動をしたりできるようになれば良いのですけどね。

スポンサーリンク

2 Comments

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です