甲賀の里忍術村で忍者体験で必要なもの

琵琶湖から車で走ること1時間半ほど、
甲賀にある甲賀の里忍術村にて忍者体験をしてきました。

ちなみに、甲賀の里忍術村と甲賀流忍術屋敷は別物ですのでご注意。

我が家が今回行ったのは甲賀の里忍術村です。




甲賀の里忍術村基本情報

場所

”滋賀県甲賀市甲賀町隠岐394”

滋賀県甲賀市甲賀町隠岐394

料金

大人:1,030円
中高生:820円
小学生:730円
幼児:520円
※2歳以下無料

ちなみに、こちらから割引券をプリントアウトして持っていけば5名まで100円ずつ割引になります。お持ちの際は切り取って持って行ってください。切り取って持ってこない人が多いと受付の方がブツブツ行っていましたので。
また、JAFの会員の方はそちらでも同じく割引になります。私はJAF割引で対応したのでブツブツは言われませんでした。

あと、支払いは残念ながらクレジットカードや電子マネーの取り扱いはなく、現金のみです。

駐車場

駐車場は無料。
忍術村の目の前の駐車場は土日祝は混み合うので時間によっては止められないこともあります。その際にはちょっと離れたところにも駐車場があるのでそちらを誘導されます。そこからは無料のシャトルバスも出ているので、全く止められないということはないでしょう。

忍術村の回り方(我が家の場合)

村の地図はこんな感じ。

なかなかわかりにくいですが、入村したら基本的には好きな時に好きなところに行って大丈夫。

我が家がまず行ったところは、

レンタル衣装


お値段は
小人用:610円/1日、
大人用:1030円/1日
※頭巾は別途100円が必要
※デポジットとして1,000円を含む金額を支払いし、引換券を返すことで1,000円返ってきます。

借りる借りないは自由ですが、そんなに高い金額でもないので大人も含めてみんなで借りることに。上の写真にある小屋で支払いをして着替えます。女性用にはカーテンの着替え室も2つありますが、ぎゅうぎゅうです。着替えはその中にある棚になんとなくおいておくので、大きめの袋とかを持って行って、その中に入れておいておく方がいいと思います。貴重品は持って行きましょう。

ちなみに、壁を登ったり、転んだり、みずに落ちたりすることもあるので、子供はレンタル衣装を借りておいた方が親の精神上よろしいかと思います。もっと言えば替えのパンツも持っておいた方がいいです。

最初は意外とテンションが低い・・・。
そして、この忍者衣装、異様に暑いです。冬でも着れるようにですかね。夏は熱中症に注意。

そのあとは、自由に回れば良いのですが、忍者道場に参加することに。

忍者道場

村の中には9の修行場がありますが、それについてはそれぞれで勝手に回って修行することができます。しかし、30分に1回くらい放送で忍者道場の募集がかかります。
集合場所は上でとった大仏の手のある広場。先輩忍者が9の修行のうち、5つを一緒に回ってくれます。

この頃から子供達のテンションも上がってきます。

一つ目の修行、石垣登り!

絶妙な高さの石垣を登ります。
高過ぎず、低過ぎず、登った後の達成感が味わえる壁。
長男(9歳)次男(6歳)は難なくクリアしていました。

三男(3歳)は

横の小さな壁を抱っこで・・・。

次なる修行は、塀横歩き!

壁にある細い板の上を音を立てずに横歩き。
まぁ、これはみんな楽勝です。

3つ目の修行は、壁づたい!

丸太に足をかけるところと、手をかけるところがあり、そこを横に移動して行くもの。
意外と難しいようで、我が子たちは途中で落っこちてました^^

四つ目は、井戸抜け!

このような井戸に入り、秘密の抜け道を通ってとあるところに出てくるというもの。
難しくはないですが、冒険感があって楽しそうに出てきました。

そして最後は、水蜘蛛!

うーん、いまいちいい写真がなかった。
大きな浮き輪のようなものに乗ってロープを伝って進みます。
動画はとっているので、興味があれば以下よりどうぞ。
3nlQrjmfRS+8rKaEm0NtuA

長男は難なくクリアできましたが、次男は真ん中まで行って池に落っこちました^^
池の深さは30センチくらいなものなので足は着くので問題ないですが、びちょびちょ。

ちなみに、一緒に回る忍者道場では水蜘蛛はその時にやらなくても大丈夫です。落ちてびちょびちょになる危険があるので。

そして、5つの修行が終わると、


巻物がいただけます!!
先ほどの水蜘蛛は行わなくてももらえます。

水蜘蛛については帰る間際にやってから帰るというのもありですね。
我が家はその場でやってしまいましたけど。

その他の修行

次男は池に落ちてびちょびちょなので、残りの修行は着替えてから行うことにしました。

他にやったのは、坂道上がり

一本渡

前日が雨で地面がぬかるんでおり、大変危険な感じでございました。

そして、修行ではないですが、手裏剣道場!!

8枚300円にて手裏剣を渡されて、まとをめがけて投げる。

これはみんな楽しんでました。

甲賀忍術博物館

村内には忍術博物館もあります。

古民家の中には、忍者の武具が展示されています。

からくり屋敷

忍者屋敷もあります。こちらは実在した甲賀忍者の子孫である「藤林家」の旧家屋で、さまざまな仕掛けがかくされています。

囲炉裏の下には抜け道が!!

どんでん返し!!

掛け軸の後ろの抜け道など、子供は楽しかったようです。




まとめ

雨の翌日に行ったので余計にですが、舗装されている道ではないので色々と回ると服は汚れます。レンタル衣装はさほど高くないので、子供だけでも借りてしまった方が思う存分遊ばせられると思います。特に水に落ちることも想定すれば余計にです。係の方も水に落ちるのは想定済みなので濡れて返しても全然問題なかったです。そういう意味では替えのパンツとタオル持参で行くのがベストだと思います。
男子達には修行という言葉がとても魅力的に聞こえようで、色々と楽しんで回っていました。ただ、そんなに広い訳ではないので、一日中遊べるという感じではないです。
そして、クレジットカードや電子マネーが使えず、現金のみというところについてはちょっと残念でしたが、仕方ないですね。

 



1 Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です