【Marriott】小さい子連れに琵琶湖マリオットホテルは最適

横浜から琵琶湖までの長い車での道のりを経て、たどり着いた琵琶湖マリオットホテル。
ここは過去は法人向けの保養施設であるラフォーレ倶楽部だったこともあり、外見はがっかりする感じ。


嫁も遠くからマリオットの文字が見えて、「あれかぁ〜・・・」という感じ。

まぁ、伊豆マリオット修善寺も同じ感じで、中は当然に改装されて綺麗^^

入った瞬間にあのマリオットの香りがします♪
※ちなみにあの香り、売店で売ってます。

今回は一休で予約。
家族5人(大人2人/子供9歳・6歳・3歳)、子連れで和室、朝夕食付き。
お値段は7万円ほどのところ1万6千円引かれて5万4千円。
まぁ、夕食もついてこの値段ならよし!!

そして、今回の予約できになるのはマリオットリワードの仕組みが変わって初めての宿泊。マリオットは公式サイトからの申し込みでなくてもリワード特典は享受できるので予約後に電話で伝えておりました。その際には旧ゴールドステータス。今回は新ゴールドステータス。
さてどうなるかな。




マリオットリワード特典

出し惜しみしても仕方ないので、予約時には旧ゴールドでしたが、宿泊時のステータスとなってましたので、結果は新プラチナではなく、新ゴールドでの宿泊でした。当たり前ですね・・・。

見えにくいですが、
・レイトチェックアウト
・レストラン割引(15%)
・WiFi
・フィットネス無料
・レンタサイクル無料
・プール無料
・SHOP割引(10%)

大きな特典であるラウンジアクセスなしです・・・。
レイトチェックアウトについては三連休で混雑しているので最大でも13時と言われてしまいました。もっと早く出る予定ではありましたが、一応13時まで予約しておいてもらいました。
今回はWiFiくらいしか使えませんでした。

もっと子供が大きければみんなでサイクリングなんかしても面白かったのだろうけど、まだ自転車に乗れないやつがいますからそれもできず。

琵琶湖マリオット部屋(和室)の様子

今回の宿泊は和室。

子供らがホテル慣れしてきてしまったためか、和室であることになんだかがっかりしておりました。ベッドで飛び跳ねてテンションをあげる予定だったようです。
ちなみに、和室であったからかアップグレードはありませんでした・・・。
しかし、海外ブランドホテルにて和室はなかなか貴重です。ベッドだと小さい子供がいると落ちてしまう心配がありますが、和室で布団ならその点はクリアできますからね。


洗面台と

トイレです。
こちらは普通な感じですね。


ミネラルウォーターが4本と冷蔵庫の中には、

スパークリングワインが入っておりました。
こちらは一休のダイヤモンド会員特典ということです。


窓の外はレイクビューで琵琶湖が一望できます。

琵琶湖マリオット館内施設

プレイルーム

まずは子供連れには嬉しいプレイルーム。

そこまで広くはないですが、ちょっと遊ぶにはかなり使えます。

フィットネス


さほど広いところではないですが、ちょっとしたフィットネス器具がある感じです。今回はあまり時間もなかったので利用はしませんでしたが、雨でどこにもいけない時などには使えます。

SHOP


お土産やちょっとしたお菓子、飲み物を売っています。ホテル価格です。
ちょっと外(車)に出ればコンビニもあるので、何かを買いたい時には外に行く方がいいかな。

そして、こちらでマリオットの香りが購入できます!!
結構なお値段でしたので、買いませんでしたけど^^

大浴場

大浴場は渡り廊下を渡った体育館の下です。
入るにはルームキーが必要になるのでお忘れなく。

中に入ると、ロッカーと

プールへの入り口と大浴場の入り口があります。

大浴場の中は人がいたので写真はやめておきましたが、あまり広くはないですね。
二つの浴槽(特に違いはなし?)と水風呂、サウナというラインナップです。

ランドリー

我が家にはこれが重要。洗濯機と乾燥機は大浴場と同じフロアにあります。

洗濯は300円、乾燥は60分200円です。
洗濯については洗剤不要のタイプ。

遠出した時には出先で極力洗濯をしておいて、帰ってからの手間を省いています。

その他施設

今回はホテル内の施設で遊ぶことはできなかったのですが、他にも体育館で卓球やバドミントンを行ったり、ゴルフ練習場があったり、テニスがあったりと、このホテルだけでもかなり遊ぶことができます。時間があれば色々と遊びたかったのですが、翌日も予定があったので遊べず。




琵琶湖マリオットでの食事

モーニング

朝食は12階のレストランでブッフェです。
内容としては、一般的な感じではないでしょうか。

まずはパンやハム

そして、サラダコーナー。サラダはレタスではなく、ベビーリーフだったのは地味に嬉しかったです。反面ちょっと残念だったのはフルーツのパイナップルは缶詰ではないかと・・・。

コーンフレークとヨーグルト。

スープはコーンスープで、こちらとても美味しかった。
あとは麺。近江ちゃんぽんでしょうか?

そして、ドリンクコーナー。
りんごジュース、オレンジジュース、パイナップルジュース、トマトジュース、牛乳という感じ。コーヒーはコーヒーマシンから入れて、持ち帰りも可です。紅茶についてはスタッフの方に注文するともらえます。

あとはここで、マンゴースムージーも出してました。

これは冷凍マンゴーかな^^

あとは、和食コーナー。

そして、テーブルにオーダー表があって注文式なのは、

パンケーキ、ワッフルと、卵料理。

ここにきて食べたかったのは、

エッグベネディクト!!
美味しかったぁ〜。

他に珍しかったのは

琵琶湖のあみ海老の佃煮のオムレツ。
こちらはいまいちでした。

普段はあまりご飯を食べない三男ですが、ホテルのご飯はしっかり食べます・・・。美味しいものならば食べるのかぁ・・・。

ディナー

今回の宿泊は朝夕食付きのプランにしたので、夕飯も同じレストラン。
ディナーについてはセミブッフェ?でした。
メインは決められた中からオーダーして、前菜やデザートはブッフェ形式。
スープもついています。

メニューはこちら・・・小さくてすみません。

近江鶏のグリルか真鯛のプレゼ。
それ以外は追加料金にてオーダー可能ですが、しませんでした。
今回は大人2人と子供2人はメイン付き、三男(3歳)はブッフェ無料なのでそちらで。
大人は真鯛、子供は鶏というオーダー。三男にはそれぞれがシェア。

こちら真鯛のプレゼ。

近江鶏のグリル

子供仕様は少し少なめのようです。

それぞれ美味しかったです。
※語彙が少なく美味しいしか表現方法を知らずすみません^^

さて、セミブッフェの内容ですが、普通に満足できる内容のものです。

まずは、手巻き寿司。
オレンジの箱の中に酢飯が入っており、巻きます。
ただ、海鮮系はなく、ちょっと残念。
子供らはただの海苔巻きを作って喜んでました。

あとは、普通にサラダです。
横には前菜としてチーズが見えていますね。

基本は前菜とデザートが取り放題。
手前はくるみのゼリー、鍋に見える中身はエビやきのこのアヒージョ。
そして、向こう側の小物は生ハムとフルーツが入っていました。

変わってデザートコーナー。
タルトやマカロン、ケーキがおいてあります。
どれも美味しい・・・、ごめんなさい語彙が少なくて。

あとはちょっと珍しかったのが、チョコレートファウンテンがホワイトチョコ!!
マシュマロにホワイトチョコなので変わりばえしなかったですが、普段あまり見かけないので子供らも楽しんでいました。

意地汚いのでいつもブッフェだと食べ過ぎてしまいます。
ちょっと品数が少ないかなと思いましたが、食べすぎ防止にはちょうどいい量かもしれないです。
ちなみに、ドリンクはフリーではないので注文する必要がありますが、ゆっくりと飲むこともできないので水(無料)をもらって、支払いは0で済ませてしまいました。




琵琶湖マリオットホテル宿泊のまとめ

ホテルのすぐ前は琵琶湖という絶好のロケーション。ただ、今回はあまり琵琶湖に滞在する時間がなかったのでホテルと琵琶湖を楽しむ時間はほとんどありませんでした。また、朝にちょっと琵琶湖に散歩に言ったのですが、ちょっと前の台風の影響で、湖畔の木が倒れていてちょっと遊べるような状況ではなかったです。

子供が大きくなったら、琵琶湖だけを楽しむために宿泊して、琵琶湖一周サイクリングをしてみたいと思いました。200キロあるみたいなのでそう簡単には手を出せないですけどね。

ホテル自体は子供が遊ぶ場所もあるし、実は隣にプラネタリウムがあったりと雨でも遊ぶことができるので雨男の我が家が遊ぶにはぴったりだったと思います。

また、子供が大きくなってみんなが自転車に乗れるようになったら是非リピートしたいと思いました。



 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です