【AMEX】アメックスリワードの改悪と改善(2018年9月)

2019年1月1日より「ANA マイレージクラブ」への年間移行ポイントの上限が年間8万マイルから半分の4万マイルへと減らされてしまいます。

私自身はアメックスプラチナではANAマイルに交換することはなく、交換はブリティッシュエアウェイズ のAviosなので特には問題ないですが、ダイナースも含めてANAマイルへの交換上限が減らされてしまいました。

ただ、アメックスについては改悪もありますが、多少の改善も。
アメックスプラチナについては、ANAマイレージへ交換する為のANAコース登録料5千円が無料となります。
ANAマイルもそんなに貯めるわけではないですが、年間登録料が無料となるのは少し嬉しいです。

また、ANAマイルへの上限は減らされましたが、
ポイントを貯める為のボーナスプログラムも開始されています。

それは、

・メンバーシップ・リワード・プラス登録者限定
※「メンバーシップ・リワード・プラス」への登録に加えて、別途 「ボーナスポイントプログラム(参加費無料)」への登録が必要
・特定の加盟店にて100円=3ポイント(ボーナスポイント2ポイント)
※ボーナスポイントの上限は、毎年9/1から翌年8/31までをプログラム年度とし、年間100,000ボーナスポイントです。

特定の加盟店とは、
・Amazon
・Yahoo!ショッピング
・iTunes
・JAL
・HIS
・アメリカンエキスプレストラベルオンライン

アマゾンがあるのがかなり大きいです。また、JALについてはJALマイルへの交換はできないですけど、Aviosを貯めようと思えばJALはJALカードでなく、アメックスという選択にもなるかなと思います。

アメックスは改悪と改善を織り交ぜてきますが、最近のダイナースは改悪ばかり。
※ANAダイナースプレミアムは100円=2マイルが1.5マイルに改悪

ちょっとダイナースもまたいいかなと思いましたが、流石に1.5マイルでは割りに合わないです。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です