彦根城はクレジットカード利用不可だけど・・・ICOCA(Suica)がお得!!

三連休初日の関ヶ原からの彦根城。
関ヶ原からは車で30分ちょっと位でしょうか。

事前に友人に彦根城の話を聞いたところ、そんなに大したことないと言っていたので期待していなかったのですが、私的にはなかなか楽しめました。あまり時間もなかったので全ては回れず、駆け足にはなってしまいました。

スポンサーリンク

彦根城入城まで

駐車場

車で行ったので、駐車場についてですが、まずはお堀の中まで車でいき、場内には駐車場3つあります。さすがに城の近くの駐車場なので休日だと混雑して入れないこともしばしばあるようです。
場内の入り口の二の丸駐車場はすでに満車だったので、ちょっとだけ離れた桜場駐車場に駐車しました。

着いたのは12時半でしたがまぁまぁ空きはある感じでした。しかし、ここからでる15時半には満車で待ちが出ている状態。午前中は雨が降っていたので動き出しは遅かったのかもしれないですね。

ちなみに、料金は1回400円で、
営業時間は8時半〜18時です。

観覧料

観覧料については3パターンあります。

大人 小・中学生
共通券
(彦根城・玄宮園)
800円 200円
セット券
(彦根城・玄宮園・博物館)
1,200円 350円
博物館 500円 250円

そして支払い方法ですが、現金と交通系のICカードが利用できます。
彦根城ではクレジットカードは使えませんでした。ただ、SuicaはJALカードSuicaにてチャージでもポイントが溜まるのでクレジットカードと同等と考えているのでOKです。


そして、ここで面白い現象。
Suicaで支払いをしたいと申し出たところ、交通系ICカードの利用料金は団体料金と同じになるとのこと。

これは絶対に現金ではなく、SuicaやICOCAなどの交通系ICカードにて支払いをするべきですね。そして、交通系ICカードの支払いは4番窓口と団体用の窓口を案内されます。

今回はせっかく来たので博物館も入れるセット券にしました。

お城までの道

チケット売り場の横を通るとすぐに坂道を登ります。攻めにくいように石段の幅や高さがまちまちで登りにくくなっているとのことです。確かに登りにくいというか、普通に坂がきついです。

登っていくと、場内に入るための橋。橋の下を潜って、左にぐるっと回ると橋を渡れます。城なので、当然攻めにくいように道を作っているのだなぁ、と感じることができる道の作りですね。

ぐるっと回った結果がこの橋です。目の前の櫓は左右に同じ天秤櫓と言われていて、国の重要文化財になっているようです。

そして、この天秤櫓、中に入れました。

中に入ってもいまいちよくわからないですね・・・。
何もないので子供が走り回り始めたので出ましたTT

気を取り直して、登って、

登って・・・おっ!

登って

登って

登ったところに!

国宝 彦根城来たぁ〜!!

城までの道のりは遠かったし、うん、城自体は小さいかも。
この写真の右の方から城の中に入りますが、入る前に鎧兜との写真撮影。色々な観光地で行われているあれ。小さなカードの写真はただで、大きめの写真は1,200円。データでくれるのであれば買うのですけどねぇ・・・。いつもは買わないのですが、思いの外いい写真だったので今回は買ってしまった。

彦根城内部

お城の中は狭いし、階段が思いっきり急です。


なんだかアスレチック気分でノリノリで進む子供達。上りはいいけど、下りがすごく怖いです。

外見から見た通りで城の中もあまり広くはない。

それでも城に入るまでにかなり登った高台なため、彦根城の天守閣からの眺めはそれなりに良い眺め。

わかりにくい写真ですが、琵琶湖。
彦根城のお堀の水は琵琶湖から引いているのですね。
琵琶湖の方からは攻められないから琵琶湖を背に築城されたのでしょうか。

スポンサーリンク

彦根城博物館

天守閣からチケット売り場まで戻って、すぐのところに彦根城博物館があります。
奴がいますね^^

中に入ると、こんな感じでベビーカーの貸し出しなどもあるようです。

見たかったのはこれ

井伊の赤備え。


中では能舞台があったり、

藩主が過ごす部屋や庭も見ることができます。

他にも井伊直弼が作った茶器など、井伊家伝来の芸術品が展示されています。井伊直弼のことは安政の大獄で悪いイメージがありましたけど、違う見方があることをよく知りませんでした。無知は罪ですね。そんななので、ゆっくり見たいけど、子ずれにはやはり無理ですね。

ゆるキャラ登場

そして、会えるかなぁと思っていたゆるキャラの登場です。
彦根って言ったらやつしかいない。

「ひこにゃん」

彦根城博物館の前で登場!!

お姉さんが話していたので、左の部屋から出てくるのかと思いきや、遠くの方から登場。みんな「そこ!?」って感じで見てました。そして、歩みが遅いのでなかなか到着しません。


ここで何かが行われるようなのですが、写真に収められたのでもういいかなと退散しました。でも、ひこにゃん、なんとなく人気が出るのはわかる可愛さでした。

まとめ

ひこにゃんには会えたらいいねくらいの気持ちで行きましたが、たまたまいい時間に遭遇できました。1日に3回くらい彦根にて登場するようなのですが、何時にどこかは城に入る前に登場時間が書いてある立て看板がありました。
また、今回は城と博物館で終了してしまいましたが、他にも玄宮園など見て回るところはあり、半日位は使ってゆっくり見たかったです。

そして、彦根城、拝観料はスイカやイコカなどの交通系ICカードがお得ということはお忘れなく。

姫路城はクレジットカード使えるのですけどね・・・。

1 Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です