【アメプラ】セカンド・プラチナ・カード(AC)で別の色のカードは発行できるのか

アメックスプラチナ(以下、アメプラ)のサービスの一つとして、セカンド・プラチナ・カード(アディショナルカード(AC))の存在があります。

こちらはグリーンやゴールドには付帯されず、プラチナ以上のカードに付帯されるサービス。家族カードとは別で本会員名義のカードがもう一枚発行してもらえるというもの。
しかも年会費は無料。

このような追加カードを発行してもらえるカードはなかなかなくて、例えばダイナースプレミアムであればビジネスアカウントカードとして追加カードを発行できますが、年会費は2,000円がかかってしまいます。三井住友カードプラチナでも別ブランドとして追加すると5,400円がかかったりしますし。

スポンサーリンク

セカンド・プラチナ利用用途

セカンドカードですが、使い方としては以下のような活用ができます。
・経費精算の為に個人と会社の利用を分ける
→請求時にカードごとに集計してくれるのでわかりやすい

・公共料金などの定期的な支払いに設定する
→基本カードが紛失などでカード番号が変わっても設定変更不要

・海外旅行の時に財布とは別管理で紛失した際にも代替カードとして利用

いざという時の為に心強い制度です。

カード券面

カードの券面の違いは以下の通り。

【基本カード】

【セカンド・プラチナ・カード】

名前の横に「AC」(アディショナル・カード)の文字があることと、追加発行した年が発行年になるので、基本カードとは差が出てきます。基本カードはグリーンやゴールドでの入会年が引き継がれますから。
※見にくいですが基本カードは「16」、セカンドカードは「18」

ということで見た目にはほとんど変わりはありません。

スポンサーリンク

セカンドカードを別の色のカードにできるのか?

これが今回の本題です。

セカンド・プラチナ・カードですが、2枚目の追加カードをグリーンやゴールドにすることはできるのか。
プラチナは落ち着いた色で良いのですが、アメックスで一番好きなのはアメックスらしいグリーンのカードです。基本はプラチナでそのサービスは享受しつつ、普段使うカードはグリーンにできないものかと思って。
上司の前でプラチナカード出すのもなんだか気が引けてというのもあり。

そこで、そんなことができないかコンシェルジェデスクへ。

結論は、「できません

仕組みがないのであれば仕方ないですね。
まぁ、サービス名称も「セカンド・プラチナ・カード」ですしね。
だけど、とても残念です・・・。

ただ、ビジネスカードであればゴールドでの発行もできるようなことは言っていました。ビジネスカードは興味ないのでスルーしてしまいましたけど。※券面がいまいち好きになれない

まとめ

「セカンド・プラチナ・カード」はプラチナ券面での発行のみ。グリーンやゴールドの券面での発行は不可です。

でも、セカンド・プラチナ・カードはいざという時の為に発行はしておくべきですね。

スポンサーリンク

1 Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です