ゲームの追加コンテンツ購入時の子供への注意

現在、長男は4年生。
あまりにも勉強をしないので今年は嫌がりながらも塾の夏期講習に行かせて見ました。

ブツブツ言いながらもきちんと行ったので、ご褒美にゲームの追加コンテンツを買ってあげることになりました。
※やや甘いけど・・・

スポンサーリンク


今やっているのはNintendo Switchのスプラトゥーン2。
その追加コンテンツの「オクト・エキスパッション」。

お値段は1,800円(税抜)。
この価格設定だったのでついつい買っていいよと言ってしまった。

ここで少し危険を感じたこと。
追加コンテンツを購入するにあたっては、事前に購入するという画面を開いていたようです。そこでクレジットカードの入力になったため、現状は諦めた模様。※すぐに決済画面までたどり着いたので問い詰めたら判明。
クレジットカードの番号については家のクレジットカード番号を入力してしまえば簡単に購入ができてしまいます。まだ、やったことはないからそこには踏み込まなかったようですが、友達との情報交換によっていつ勝手にやりかねないと感じました。

なので、今回購入については、クレジットカードの仕組みと怖さについてはきちんと話をした上で行いました。
話した内容としては以下の通り。

・勝手に親のカードを使わない(当然)
・クレジットカードは後で請求がくる仕組みを説明
→使った分は必ず払わなくていけない。いくらでも使える魔法のカードではない。

実際に親のカードを買ってに使ってすごい金額が課金されてしまったケースを紹介。
その場ではちゃんと聞いていましたが、男子は信用できないので、勝手にやりはしないかと心配。

クレジットカード推進派ではありますが、きちんとした使い方をした上での話なので、子供の教育はきちんとしたいと思います。

スポンサーリンク


それにしても、インターネットが発達しているとゲームでも知らぬ間にオンラインで他人と友達になっていたりしているのを見ると親としても目が届かないところで何をしているのかわからない場面が出始めました。まだ小さいうちはしっかり見ていたいですが、オンラインだとなかなか難しいところがあります。オンラインにしなければいいのですが、オンラインで実際の友達と繋がっていたりするようで、なかなか何もないのに強制的に遮断するのができない状況。悩ましいところです。

スポンサーリンク


 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です