Origami Payを使ってみてのメリット・デメリット

妻と次男がお出かけの為、長男と三男の三人で晩御飯を買いにお出かけ。
何が食べたいかと問うたところ、長男ががケンタッキーでフライドチキンが食べたいと言った為、ケンタッキーへ。

ケンタッキーと言えば我が家近くでオリガミペイが使える数少ない店舗です!!

注文は普通にオリジナリチキンとポテトのセットにオリジナルチキン追加で一つで合計750円。
高いじゃないか・・・。

値段はよしとして、店員さんに「Origami Pay(オリガミペイ)使えますか?」と聞いたところ、アルバイトと思わしき女の子は後ろの事務所に確認に行ってしまいました・・・。
前回の利用と同じ。

スポンサーリンク


1,2分で社員っぽい方がiPadを持って登場。
バーコードを表示してくれたので読み取り。

※バーコード写しているところ写真に撮ろうとしたら決済してしまいました。

数回利用して見てのメリットは、
読み取りまで行ければ決済は早く、暗証番号を入れる必要もなくサインの必要ないのはとても楽です。
また、カードを通すことは無いので偽造カードを作られることも無いので安全性もあると思います。
※Origamiのサーバーからの情報漏洩は別です

ただここ数回でのデメリットは利用できる加盟店でも知名度が低い。
使おうと思ってもすぐに端末が出てこないし、店員でも知らないということもあり。ここはユーザーが少ないことで決済手段としての利用者が少ないのでしょう。これはデメリットというよりもOrigami側での課題なのでは無いでしょうか。ユーザーと加盟店の両軸で増やす必要があります。

ただ、QRコード決済市場は様々な企業が参画してきているので勝ち抜くのは厳しいでしょうが、ユーザーとしてはQRコードの企画を統一して利便性を上げるべきで、どの会社のQRコードでも使えるようにして欲しいです。

個人的にはOrigamiのマークが好きなのと2%割引というのは大きなメリットなので、Origami押しなんですけどね。頑張って欲しいです。

スポンサーリンク


 

1 Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です