どこのマイルを貯めて行くべきか

今日は貯めるべきマイルについて考えているとりとめもないこと。
まとまりのない文章になってしまいますがすみません。

わが家は昨年まではANAマイル集中的に貯めていました。

というのも、利用していたカードがANAダイナースプレミアムで、リボ払いにすることで100円で3マイルが貯まるという超高還元率なカードがあったためです。ただ、その高還元率カードが改悪により手数料のつき方が変わり、さらにマイルも100円で2マイルと付与率も変わってしまったために、集中して貯める航空会社のマイルを変更することを決意しました。

スポンサーリンク


そこで考えたのは、JALかブリティッシュエアウェイズ(以下、BA)。

国内特典航空券の交換マイル数が国内であれば沖縄以外は9,000マイル(正確にはAviosですがマイルとします)であるBAの方がより貯まりやすいと考えて、BAに集中させることに。
そして、BAのマイルについて貯まるカードは国内ではアメックスのみ。そのためにメインで使うのは自分はspgアメックスで妻はアメックスプラチナの家族カードとしていました。

ただ、また迷いだしたきっかけとしては、今年の夏の旅行でBAの特典航空券でJALに乗った時にちょっと面倒だったこと。

チェックインの際友人カウンターに並ぶのは面倒ですし、台風の後の空港が混雑しているような状況であればなおのこと面倒だと感じてしまい、やはり国内航空会社の方が使い勝手はいいのだと改めて認識しました。

タッチアンドゴーって素晴らしい仕組みです!!

スポンサーリンク


そんな最中、JALカードSuica(VIEWカード)にゴールドカードが登場したことに加えて家族カードが追加可能になったこと。VIEWカードで家族カードも追加されると妻ともどもApple Payでオートチャージが可能になるのは利便性という意味で大きなメリットが追加された為、勢い余って申し込みをしてしまいました。

しかも、ゴールド・・・。家族カードも含めて29,160円(税抜)、果たして費用対効果として妥当なものなのかは今後検証していきたいと思います。

JALマイルに集約することについてはJALカードとspgアメックスで問題ないが、そうなるとアメックスプラチナがいらないのではないかと思い始めてしまいました。
アメックスプラチナの年会費は140,4000円(税込)で、主に使っているベネフィットはヒルトンとspgのゴールド会員資格。加えてコンシェルジュサービスです。これを他のカードで補完しようとすると、spg×2=66,960円(税込)、ヒルトン・オナーズVISAゴールドカード×2=27,900円。これにコンシェルジュをつけるためにセゾンか三菱UFJニコスのプラチナ21,600円をつけると、116,460円。※アメックスプラチナは家族カードもゴールド会員資格が付与されるので×2にしています。

140,4000円と116,460円を比較すると1つのカードで住むことを考えると保有だけしておくのもありかとも思ってきました。年会費は分があれば国内の往復航空券くらいにはなるのですけどね、論理的ではない所有の満足感というもので保有方向に考えてしまうのが怖い。

ただ、この状態ですと年会費は
アメックスプラチナ:140,4000円
spgアメックス:33,480円
JALカードSuica CLUB-Aゴールド:29,160円
そのほかにも
dカードゴールド:10,800円
セゾンアメックスゴールド+セゾンマイルクラブ:15,120円
ANAワイドゴールドカード:12,960円
合計で241,920円・・・

少しやりすぎな気がしてます。妻にも言えない・・・。
削減をするのであれば、セゾンとANAかと考えています。
ただし、セゾンはアメックスゴールドをビジネスプラチナにして年間200万利用すれば年会費はセゾンマイルクラブ含めて10,800円になるのでそれはそれでありかと。その代わりにspgを解約してしまうか。ただ、spgは保有しているだけで1泊分の宿泊があるのでそれだけでも年会費分は還元できるとも考えられるからそのまま保有でもありか。

つらつらととりとめもなく書いてきましたが結局結論はいつもでず、
色々試行錯誤をして同じカードをなんども作ることになるのです・・・。

ただ、JALに集約の方向にはしようと思うので、
ANAワイドゴールドカードについては入会のボーナス特典が入ったら解約の予定です。

まとまりのない文章ですみません。

スポンサーリンク


 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です