簡単に年会費無料!実は高還元率でお得なゼビオカードのメリット・デメリット

先日、家の近くのゼビオポーツで買い物をした際に、店頭にゼビオカードのポップをみて気づいたことがあります。

「ゼビオカードにゴールドカードってあるんだ!?」

私は一般のゼビオカードは持っているのですが、入会時にゴールドがあった記憶がありません。
キラキラしたカード好きなので、すぐに目に止まるのですけどね^^

年会費がかかるゼビオカードですが、簡単に年会費を無料にできますし、実は結構な高還元率なカードです。

スポンサーリンク

ゼビオカード(xebio card)とは

ゼビオカードとは?
UCマークがついているので、UCカードの提携カードかとも思いますが、ゼビオホールディングス内のカード会社です。

さらに言うとゼビオホールディングスは、スーパースポーツゼビオやヴィクトリアを始めとして全国展開しているスポーツ用品店です。

特にスーパースポーツゼビオについては大型店舗が多く、ららぽーとなどのショッピングモールによく入っていますよね。
ちなみにゼビオは「Zebio」ではなく、「Xebio」ですでお間違いなく。

カード利用特典

・ゼビオグループ利用
さてそんなゼビオグループのゼビオカードですが、やはりゼビオグループで利用した際に最大のメリットが発揮されます。
ゼビオスポーツで利用した際のポイントは、店舗や商品によっても異なるようですが、大体100円につき「3ポイント」+クレジット利用で「2ポイント」の計5ポイントが付与されます。
クレジットカードを紹介しているのに元も子もないことを言いますが、現金払いでもポイントは貯まります。

・ゼビオグループ以外の利用

UCマスターカードと国際ブランドのMastercardがついていますので、ゼビオスポーツ以外の加盟店でももちろん利用可能。
その際のポイントは1,000円につき5ポイントが付与されます。
個別加盟店の特典としては、携帯電話料金については2倍の1,000円につき10ポイントが貯まります。
※携帯電話会社は「ドコモ」「au」「ソフトバンク」

ゼビオカードの種類

ゼビオカード 

年会費:初年度無料/次年度より1,250円(税抜)
年会費無料条件:年間5万利用で次年度無料/アットユーネットの登録で無料
その他:ショッピングプロテクション付帯

ネクストカード 

年会費:初年度無料/次年度より1,250円(税抜)
年会費無料条件:年間5万利用で次年度無料/アットユーネットの登録で無料
その他:ショッピングプロテクション付帯

ゼビオカードとネクストカードの違いは、券面が異なる位でサービス内容は同一です。
またゼビオカード発行の4種類のカード全てに付帯しているショッピングプロテクションですが、条件付きであるものの、年会費が無料となるカードでショッピングプロテクションがついているというのは一つ大きなメリットだと思います。
※日本国内においてゼビオカードで購入した商品の破損・盗難などによる損害を、購入日から60日以内であれば1事故10万円までを限度に補償。ただし免責金額は、3,000円で補償対象外商品もあり。

ヴィクトリアカード 

年会費:初年度無料/次年度より1,250円(税抜)
年会費無料条件:年間5万利用で次年度無料/アットユーネットの登録で無料
その他:ヴィクトリアカード限定特典/ショッピングプロテクション付帯

ヴィクトリアカードについては先のゼビオ/ネクストカードと基本機能は同一ですが、ヴィクトリアカードのみの限定特典がつきてきます。
内容は、一つは会員優待セールへの年二回の招待。
もう一つはスポーツ用品メンテナンス工賃が無料になるメンテナンスフリー特典がつきます。
基本機能が一緒なのであれば、追加で特典があるヴィクトリアカードの方が得な感じがしますね。

ゼビオカード・ネクストカード・ヴィクトリアカードで共通ですが、年会費無料の条件としては以下の二つがあります。
・年間5万円以上の利用
・アットユーネットの登録
年間で5万円以上ですので、その金額を利用する方は何の問題も無いでしょう。
しかし5万円を利用しない方、そんな方でも会員向けのWebサービスである、「アットユーネット」に登録するだけで、ゼビオカードは年会費が永年無料に変わりますので、是非登録しておきましょう。

年会費無料化の為の「アットユーネット」登録方法はこちらをご参照ください。

ゼビオゴールドカード 

年会費:10,000円(税抜)※初年度から

その他:ゼビオゴールドプログラム付帯/ショッピングプロテクション付帯
海外旅行保険・国内旅行保険・空港ラウンジ付帯

ゼビオゴールドカードは初年度から一般的なゴールドカードと同様の年会費がかかります。
またポイントなどの基本サービスについては、一般のゼビオカードと同一です。
海外・国内の保険についても、ベーシックなゴールドカードの保険というところで特に特筆すべきことは無いです。

ただこのゴールカードでの一番の利点は、「ゼビオゴールドプログラム」にあります。
「ゼビオゴールドプログラム」とは何なのか、以下にご紹介します。

ゼビオゴールドプログラムがお得

ゼビオゴールドプログラムとは、
ゼビオゴールドカードで四半期に買い物をした金額合計に応じて、年4回「UCギフトカード」が送られてくるもの。

計算期間は、以下の4回。
・1月〜3月
・4月〜6月
・7月〜9月
・10月〜12月

それぞれの3ヶ月間の利用金額に応じて以下のUCギフト券がもらえます。
・30万円→3千円のギフト券
・50万円→5千円のギフト券
・100万円→1万円のギフト券

3ヶ月間ごとに30万円利用したとして、年に4回なので、
3千円のギフト券(30万円利用)×4回=1万2千円のギフト券がもらえることに。
加えて120万円のクレジットカード利用分のポイント6千円分もつきますので、トータルで1万8千円分が還元されます。
うまくいけば還元率は1.5%とかなりの高水準までいきますね。

スポンサーリンク

まとめ

ゼビオカードのメリット

ゼビオカードについてはゼビオスポーツを利用する人にとっては5%程度のポイントがベースで還元されますので、ゼビオグループ利用者には還元率でとてもメリットがあるカードです。
たとえ現金払いの方でもポイントカードとしての役割も担いますし(笑)

また年会費については、会員向けのWebサイトのアットユーネットに登録するだけでゴールドカード以外は無料になります。
無料になるのにショッピングプロテクションがついているのはあまり例がなく、こちらは一番の大きなメリットです。

またゴールドカードについては、先に紹介したゼビオゴールドプログラムが大きなメリットですね。これによってかなり還元率の高いカードとなります。
ただしゴールドカードは、一般で受付はしておらず、ゼビオカードに個別に問い合わせをする必要があるのでそこは少し面倒かな。

ちなみに、なんで店頭での受付を中止しているのかは不明です。

ゼビオカードのデメリット

ゼビオカードの一番のデメリットは貯まるポイントの利用先がゼビオグループの店舗でのみとなってしまうところ。
ゼビオグループでの利用がなければあまり持つ意味はなさないでしょう。

あとは、簡単に年会費無料にはできるものの、設定を忘れてしまうと年会費がかかってしまうところです。

しかし目立たないけど、トータルで考えるとなかなかいいカードだと思います。

 

 

スポンサーリンク

1 Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です