楽天Edyは使われているのか!?

先日の楽天ペイの設定時にふと疑問に思ったこと。

楽天の電子マネーと言えばEdyだよね?

スポンサーリンク

元々はソニーやドコモをはじめとする11社の出資会社「ビットワレット」によって、
2001年より提供された日本初の非接触の電子マネー。
2009年からは楽天の参加となり、サービス提供を続けています。

ちなみに、Edyはユーロ(Euro)、ドル(Dollar)、円(Yen)に次ぐ第四の通貨になって欲しいとの思いでつけられた名称。

そんな、楽天Edy、他の電子マネーが広がっている最中、
使っている人っているのか?

そんな時に、産経新聞に掲載された
電子マネーのシェア↓

まさかの、
楽天Edyがトップ!!
しかも、楽天ペイも10%とカードも然りですが
楽天の存在感はすごいですね。

確かに、日本初の電子マネーだけあって、
使える店舗は意外と多かったりします。
沖縄なんかはEdyだけ使える店があったり。

おさいふ携帯であればチャージしてそのまま携帯で使えたけど、
iPhoneにしてからは使えないので自分の中では圏外になってしまった電子マネーでした。

ただ、現在はEdyのチャージでポイントがつくのは、
楽天カード(200円で1ポイント)とANAカードの一部くらいでしょうか。
ただ、Edyを使った時にもポイントはつくのでトータルで200円で2ポイントと
還元率は1%にはなります。
しかし、200円単位でのポイント付与ですと、
コンビニ払いではいかないこともしばしばあるのではないでしょうか。

自分の知らないもっとお得な使い方があるのか、
知っていたら教えて欲しいです!

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です