Apple Watchの活用方法(ランニング)

Apple Watch(アップルウォッチ)の活用法。

私はライフログを取るため、 Apple Watch Series3を毎日着用しています。
買う時には衝動買いに近い形で購入してしまい、
活用方法を全く考えていませんでした。

使っているうちでの私の活用方法を紹介します。

スポンサーリンク

通勤定期利用

メジャーな利用方法ですね。
Apple PayでSuicaを設定して、定期券として利用します。
ライフログの為に朝起きたらすぐにつけているので、
定期券を忘れることもないですし、カバンから出す手間もなく楽です。

ただし、注意点がいくつか。
①左手に Apple WatchをつけるとSuicaをタッチしにくい。
右手に時計をつける人は良いですが、私は時計は左派なので、
改札に入る時には少し体をひねる必要があります。
②電池に注意
Apple Payは電池がなくなると機能しなくなります。
Apple Watchも充電できるモバイルバッテリーがあったほうが安心ですね。
私は持っていないので買わないとです・・・。
③他の時計をつけられない
当然です。定期券なので他の時計にできません・・・。
他の時計にする時には定期券をiPhoneに戻して・・・面倒なので私はやってません。

ランニングで利用

GPSがついているので、ランニングでの距離や走った場所を残すことができます。
私の Apple WatchはNike仕様なので、Nikeのアプリを使用しています。
他にも使えるアプリはあるので、自分にあったアプリを。
個人的には、ガーミンのアプリが好きなのですが、
ガーミンは時計が主なので Apple Watchのログは取り込んでくれません・・・。
ちょっと意味がないですが、左手に Apple Watch、右手にガーミンで走ったりしています。

あとは、ランニングの際に途中で栄養補給や水分補給が必要になることも。
そんな時にお店で買う為に、
Apple PayでクレジットかSuicaを使用すれば現金を持ち出す必要がないです。


※走った時の休憩のレッドブル。

上記で記述したSuicaを入れることで、
走って出て、調子が悪くなったら電車で帰ってくることも可能。
決済機能が追加ことは本当に便利です。

スポンサーリンク

仕事中の携帯利用

私の会社は執務スペースに携帯(スマホ)の持ち込みが禁止。
Apple Watch Series3からですが、iPhoneと Apple Watchが離れても電話受信が可能に。
保育園からの連絡があった際には電話がきたことがわかるので便利です。
職場のママさんも導入した方もいます。

まとめ

まとめというほど活用はできていないですが、一番使えるのは Apple Payですね。
他にもこんな使い方がある!!というのがあれば是非教えて欲しいです。

あとは、 Apple Watchにすると、 定期券の為にApple Watchしかつけられなくなっていますが、
バンドの付け替えが楽で、しかも安く買えるので気分転換としてバンドを変えるのがむしろ面白いです。

スポンサーリンク


 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です