QRコード決済の現状と今後について

アリペイ(支付宝)やウィーチャットペイ(微信支付)を代表するQRコード決済。
先日利用したOrigamiPay(オリガミペイ)を始め、日本でも出始めています。

キャッシュレスな生活にあたり、クレジットカードや電子マネーに並び、
新たな決済手段として対応してきている、今日はそんなQRコード決済について。

スポンサーリンク

利用までの手順

QRコード決済用アプリのダウンロード

方式は違えど、QRコード決済のアプリで代表的なものは、
・LINE Pay
・ORIGAMI Pay
・RPay(楽天ペイ)
・d払い
・PAYID
などがあります。
それぞれを決済手段とするにはその決済ごとにアプリをダウンロードする必要があります。

引き落とし決済手段の登録

アプリで決済するには、その裏に決済手段を紐付ける必要があります。
決済手段は、
・クレジットカード
・銀行口座
・事前チャージ
があり、アプリによって対応しているものは異なります。

コード読み取りにより決済

以上の準備が整ったあらあとは、お店で決済をするのみ。
コードの読みとは次の項で。

決済(コード読み取り)方法いについて

店舗による読み取り

利用者がスマホにQRコードやバーコードを表示させ、
バーコード・QRコードが表示されたスマートフォンのイラスト
それをお店の人に読み取ってもらいます。
レジでスマホを見せる人のイラスト

LINEPay/Rpay/d払いはこの方式
※Rpayは読み取り方式もあり

利用者による読み取り

店舗で表示されるQRコードを利用者がスマホで読み取ることで、
決済が完了します。
QRコードを撮影している人のイラスト(男性)
Oriami Pay/Rpay/PAYIDはこの方式

スポンサーリンク

QRコードのメリット

中国で爆発的に拡大した要因は、加盟店での導入コストが低いということ。
日本ではあまりないですが、中国では紙にQRコードを印字したものを店頭に置き、
それをお客さんが読み取って決済を行なうことも。
そのような手段の為、レジがないような露天の市場などのお店にも広がっています。

QRコードのデメリット

現在(2018年)は利用できる店舗はまだ日本には少ないということ。
また、QRコードを利用する決済はiDやQUICPayなどと違い、
アプリを起動する必要がある為、少し手間がかかります。

まとめ

加盟店側の導入コストが少ない為、ユーザーが増えれば爆発的に拡大する可能はあると思います。
しかし、まだ導入店舗が少ない為、ユーザーも少なく、
お店としても導入するメリットが少なくもあります。
また、QRコードも規格も統一がされていない為、
サービス提供の企業によってアプリが異なり利便性にやや欠けます。

QRコードについてはメガバンクが規格の統一を図っており、
利便性の向上という面でも検討がなされるはずです。
今後、利用可能店舗の増加とユーザーの増加がされれば
決済手段として一般化するのではないかと思います。

今後、私自身も使ってみて、
使い勝手やメリットをまとめてみたいと思います。

スポンサーリンク


 

1 Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です